このページの本文へ

STYLE∞の11.6型、14型、15.6型、17.3型ノートPCは3万円台から買える!

超お手頃価格ノートPC、ASCII編集部員が今ほしいサイズはコレだ!

2017年12月25日 11時00分更新

文● 八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

低価格だけど分厚くない!

税別3万6980円ながら低価格を感じさせない筐体

 STYLE-14HP012-C-CEは、およそ幅340×奥行244×高さ32mmで、重さは約1.65kg。低価格だが分厚く重いというわけではなく、カバンにいれて持ち運べるサイズ感だ。筐体はシンプルなグレーで、天板もSTYLE∞のロゴがあるのみ。安っぽさはまったく感じず、外で使っていても違和感のないボディーだ。

私が普段使っているカバンにもスッポリと入った。デジカメやノートなどを入れる余裕も十分にある
ACアダプターが小さいので、出張など急に何日か外にパソコン持って行って使う必要があるというときに便利

 ディスプレーの解像度は1366×768ドット。フルHD以下の解像度だが、個人的には文章入力とウェブブラウジングが目的なので、ほとんど気にならなかった。外出時の暇な時間にYouTubeを観たりしたが、こちらも高解像度で観たいときは自宅に帰ってテレビで閲覧するので、特に問題はない。高解像度にして価格が上がるよりかは、このまま低価格である方がありがたい。

ディスプレー解像度は1366×768ドット。高解像度で映画を観たり、ゲームをするマシンではないので、特に問題はない

インターフェースは充実! 据え置いて使うときに便利

 インターフェースは、USB 3.0端子、USB 3.1(Type-C)端子、USB 2.0端子、HDMI端子、ミニD-sub 15ピン、ヘッドフォン/スピーカー出力端子、マイク入力端子、有線LAN端子、SDカードスロットなど。USB(Type-A)端子が3基あり、据え置いて使う場合に外付けストレージやマウスなどを付け替えなくていいのは便利だ。また、14型ながら外部出力も2系統あり、大画面に出力しての利用も可能となっている。

筐体右側にUSB 2.0端子、SDカードスロット、ミニD-sub 15ピン、有線LAN端子が並ぶ
筐体左側にUSB 3.0端子、USB 3.0(Type-C)端子、HDMI端子、ヘッドフォン/スピーカー出力端子、マイク入力端子を配置

 15.6型以下のノートパソコンだと、軽量化、薄型化のためにインターフェースが省略されているマシンが多いが、しっかりとUSB端子も外部出力も有線LAN端子も備えているのは、緊急で仕事で使わなくてはいけなくなったときでもバッチリ対応できるのでありがたい。

文字入力でエンターキーがデカイと使いやすい!

キーボードは変わった配置もなく、キーストロークが深めで好印象

 モバイル向けになると、どうしても筐体が小さい分、キー配列が違っていたり、よく使うキーが小さくて使いづらいマシンも少なくない。その点、STYLE-14HP012-C-CEのキーボードはとてもスタンダードで使いやすい。特に文字入力で頻繁に使用するエンターキーがデカイので、タイピングミスも起こりづらい。文章作成が目的の私にとって、これはかなりありがたい部分だ。

 また、個人の好みにもよるが、キーストロークは深めでしっかりと押した感があり、好感触。たわみもなくカタカタとうるさい音もならないので、深夜ほかの人が寝ている場所で使ってもそこまで迷惑にはならないだろう。

 筐体については、正直4万円台とは思えないクオリティー。フォトショップなどで写真編集をしたり、暇なときにゲームがしたいという人でなければ、メインマシンにして持ち歩いてもまったく問題ないレベルだ。