このページの本文へ

ハイスペックモデルと普及モデルそれぞれに音楽専用タイプ/マイク付きタイプを用意

エレコム、クリアなサウンドとデザインのイヤフォン「EHP-CS200/CS100」

2017年12月19日 14時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
EHP-CS200AGD(音楽専用タイプ、ゴールド)

 エレコムは12月19日、クリアな音質を提供するイヤフォン「EHP-CS200シリーズ」および「EHP-CS100シリーズ」を発表。2018年1月中旬に発売する。

 EHP-CS200は9.2mm径の外磁型ダイナミックドライバー「ETEMドライバー(ELECOM Torus External Magnet Driver)」と8.3mm径の大型ネオジムマグネット、チタンコート振動板を採用し、クリアなサウンドを提供。

EHP-CS200シリーズ(音楽専用タイプ)、6色が用意される

 EHP-CS100は9.2mm径のダイナミックドライバーを採用、軽量CCAWボイスコイルを搭載する。

EHP-CS100シリーズ(音楽専用タイプ)、6色が用意される

 いずれも耳にフィットする密閉型で、プラグは3.5mm径のL型ミニプラグ。両モデルともマイクなしの音楽専用タイプに加え、ハンズフリー通話などにできるマイク付きタイプが用意され、ケーブル途中にマイクおよび着信応答/通話終了スイッチを備える。価格はいずれもオープンプライス。

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース