このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

さとうなおきの「週刊アジュール」第13回

「KubeCon」と「SpringOne Platform」のAzure新発表まとめ

AzureにAMD搭載VMインスタンス「Lv2シリーズ」が登場

2017年12月15日 10時30分更新

文● 佐藤直生 編集 ● 羽野/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 こんにちは、さとうなおきです。「週刊アジュール」では、先週の1週間に発表されたMicrosoft Azureの新機能から、筆者の独断と偏見で選んだトピックについて紹介していきます。

Pivotalイベント「SpringOne Platform」でのAzure関連発表

 12月4日から7日に、米国サンフランシスコでPivotalのカンファレンス「SpringOne Platform」が開催されました。これに併せて、Java、Spring、Cloud Foundry関連のアップデートがあります。

 Azure StackPivotal Cloud Foundryのベータが利用可能になることが発表されました。

また、Azure Marketplaceで公開されているPivotal Cloud Foundryのテンプレートが改善され、VM(仮想マシン)数が70%削減された、より軽量な構成がサポートされました。

 新たに発表されたSpring Boot Starters for Azureを使って、Spring BootでAzure サービスへの依存関係を管理するのが簡単になりました。Spring Initializrでもサポートされています。

Spring InitializrでのAzureサービスの依存関係の追加

 今年10月に開催されたJavaOneカンファレンスで、サーバーレスアーキテクチャのアプリケーション実行環境を提供するAzure FunctionsでのJavaサポートのプレビューがリリースされました。その後、コミュニティからのフィードバックを基に、改善が続けられています。今回、コードエディター「Visual Studio Code」でのAzure Functions向けJava開発に関する、次の2つの新機能が発表されました。

 Spring Boot開発者を支援するVisual Studio Code向けの拡張機能「Spring Boot Development Extension Pack」もリリースされました。

 詳細は、ブログポスト「Bringing hybrid cloud Java and Spring apps to Azure and Azure Stack」AzureでのSpringのドキュメントをご覧ください。

Kubernetesイベント「KubeCon」でのAzure関連発表

 12月6日から8日に、米国オースティンでKubernetesのカンファレンス「KubeCon」が開催されました。これに併せて、Kubernetes関連のアップデートがあります。

 Azure Container Instancesは、クラスターの管理なしにコンテナーを実行できるサービスです。今年7月にAzure Container Instancesが発表され、プレビューが始まった際に、KubernetesからAzure Container Instancesにコンテナーをデプロイ可能にする「Azure Container Instances Connector for Kubernetes」もリリースされていました。

 今回、このコネクターに代わるものとして、「Virtual Kubelet」が発表されました。Virtual Kubeletは、Kubernetesのkubelet(ノードエージェント)実装です。Virtual Kubeletを使うことで、Kubernetesクラスターに、Azure Container Instances、Hyper.shといったコンテナーランタイムをプラグインできます。

 Open Service Broker APIは、Cloud Foundry、OpenShift、Kubernetesといったプラットフォーム上のアプリケーションに対してサービスを提供するためのAPIです。今回、Open Service Broker APIを実装した「Open Service Broker for Azure」がリリースされました。Open Service Broker for Azureは、Azure Cosmos DB、Azure SQL Database、Azure Database for MySQL/PostgreSQL、Azure StorageといったAzureサービスをサポートしています。Cloud FoundryやKubernetesから、Azureサービスを使いやすくなりますね。

 詳細は、ブログポスト「Azure brings new Serverless and DevOps capabilities to the Kubernetes community」「Connect your applications to Azure with Open Service Broker for Azure」をご覧ください。

Kubernetesのサービスカタログからの、Open Service Broker for Azure対応のAzureサービスの参照

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ