このページの本文へ

Wall Street Jounalが報道:

任天堂ガンホーと協業検討か

2017年12月13日 10時15分更新

文● G. Raymond

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 任天堂がスマートフォン用ゲームの開発について、現在提携しているDeNA以外にガンホーとも話し合いを進めていたとウォールストリートジャーナルが報じた(Nintendo Looks for Help to Raise Its Smartphone Game)。ガンホーは否定。担当記者Takashi Mochizukiは「私が長い時間かけて各所から集めた情報によるとガンホーが任天堂にアプローチをしたのは間違いがない」とツイート。

 ガンホーはスマートフォン向けパズルRPG「パズル&ドラゴンズ」(パズドラ)開発元。パズドラは11月時点で国内累計4700万ダウンロードを超える、ミクシィXFLAGの「モンスターストライク」(モンスト)と並ぶ人気タイトル。2015年には任天堂の携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」向けのゲームソフト「パズル&ドラゴンズ スーパーマリオブラザーズ エディション」を発売している。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

電玉バナー(300x100)

ピックアップ

デル株式会社