このページの本文へ

DieselOn タッチスクリーン スマートウォッチ徹底大特集第7回

設定方法も紹介!

ディーゼルの人気スマートウォッチは「スマホ通知」が便利

2017年12月12日 09時00分更新

文● 中山 智 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
メイン画面を下方向にスワイプしていくと、スマートフォンからの通知が表示される

 「DieselOn タッチスクリーン スマートウォッチ」(以下DieselOn)は、スマートフォンと連携して、通知を表示してくれるのがメリットのひとつ。スマートフォンをカバンに入れっぱなしでもスマートフォンの通知がわかります。

Gmailなら送信者とタイトルがわかる
タップするとメールの本文も読める

 DieselOnに届いた通知はメイン画面を下方向にスワイプすると、表示されます。メールやメッセンジャーはタップすると、本文の表示にも対応。スマートフォンを取り出さなくても内容が把握できるので便利です。通知は左右にスワイプすると削除できるので、不要な通知や確認済みの通知はこまめに削除していきましょう。

通知は左右にスワイプすると削除可能
いちばん下までスクロールさせると、通知をまとめて削除できる

 このように便利な通知機能ですが、Android Wear 2.0ではスマートフォンが表示する通知がすべて転送されてくるので、アプリを多く登録していたりすると、通知の頻度が多くなります。通知頻度が多いとわずらわしいだけでなく、DieselOnのバッテリー消費の原因にもなってしまいます。

 なお、次期アップデートで各アプリからの通知の受信/非受信を、スマートウォッチ上でユーザーがアプリごとにカスタマイズできるようになると、すでに発表されています。

 そこで次期アップデートまでは、DieselOnで不要な通知を受けとらないように「オフ」にしておきましょう。設定方法はペアリングしたスマートフォン側で行います。まずは「Android Wear」アプリを起動して、画面右上にある設定ボタンをタップします。

Android Wearアプリの設定ボタンを選ぶ

 次に「アプリの通知をブロック」を選択します。標準状態ではすべてのアプリの通知が転送されるようになっているので、「アプリをブロック」の画面にはなにも登録されていません。そこで、画面下部の「+」ボタンをタップして、通知不要なアプリを登録します。

「アプリの通知をブロック」をタップする画面下部にある「+」ボタンからアプリが追加できる

 「アプリをブロック」にはインストールされているアプリが一覧で表示されるので、通知の転送が不要なアプリをタップして選んでいきましょう。

インストールされているアプリをタップして選ぶ「アプリをブロック」に通知不要なアプリが登録された

 これでDieselOnには不要なアプリの通知は、転送されなくなります。通知を復活させたいときは「アプリをブロック」の画面から、復活させたいアプリにある「×」をタップすればオーケーです。

 通知を自分の使いやすいようにカスタマイズして、さらに使いこなしてみましょう!!


■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事