このページの本文へ

現実の「間」にバーチャル物体を表示、ARが現実に近づく新技術

Rachel Metz

2017年12月07日 13時12分更新

記事提供:MIT Technology Review

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

大手テック企業やスタートアップが現在販売している拡張現実(AR)ディスプレイはいずれも、現実の風景の前に、バーチャルな画像を重ね合わせる仕組みになっている。オプティカル・サイエンシズ大学のホン・フア教授たちは、バーチャルな物体を現実の物体の前や後ろに配置できるAR用ディスプレイを開発した。

【この続きをMITテクノロジーレビューで読む】

Web Professionalトップへ

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

ピックアップ