このページの本文へ

M.2 NVMe SSD+SATA SSD+HDDのストレージ構成で大きなファイルもらくらく操作

4K編集を実現したクリエイター向けPC「raytrek-V XZ-X TB3 4Kネイティブ編集モデル」

2017年12月05日 14時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「raytrek-V XZ-X TB3 4Kネイティブ編集モデル」

 サードウェーブデジノスは12月4日、クリエイター向けPCブランド「raytrek」より4K動画のネイティブ編集を実現した「raytrek-V XZ-X TB3 4Kネイティブ編集モデル」を発売した。

 CPUにCore i7-7820Xを採用、64GBメモリー、512GB SSD(M.2 NVMe)+1TB SSD×2 (SATA 3、RAID 0)+4TB HDDを搭載する。システム起動用NVMe SSDとワークドライブ用SSDという構成により、ストレージ部分でのボトルネックを最小限に抑えて作業効率の向上が期待できる。

 そのほかの構成としては、グラフィックスカードにNVIDIA GeForce GTX 1080 Ti(11GB)を搭載、DVDスーパーマルチドライブや80 PLUS PLATINUM電源を装備する。価格は57万2378円。

■関連サイト

カテゴリートップへ

関連サイト
ラインナップ
コンテンツ