このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

1万円台イヤフォン「MA650 Wireless」のデザインと音が素晴らしい

2017年12月03日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 もし1万円台の予算でトゥルーワイヤレスを考えているなら、同じワイヤレスでも、もっといいものがあるよー! と、声を大にしたいのが、この製品。RHAのBluetoothイヤフォン「MA650 Wireless」。

 見たとおり、昔ながらの(?)ネックバンドタイプではある。しかしながらイヤフォン本体の装着性、快適さでトゥルーワイヤレスに迫り、ネックバンドタイプならではの性能でぶっちぎるものである。

 何より安い。販売店の価格は税込で1万2850円。音響機器としての性能、品質感からすれば、これはバーゲンプライスと言っていい。当然ながら市場では大人気で、発売から半年経過した現在は、すでに定番モデルとして定着している。遅ればせながら、この新しいスタンダードを試してみた。

くしゃっと曲がるネックバンド

 RHAはイギリスに本拠を置くイヤフォンメーカー。一目見ればそれとわかるくらい、製品デザインに特徴がある。その一つが金属で造られたハウジングだ。

 MA650 Wirelessのハウジングはアルミニウムで、それを特徴的な逆ホーン型に整形している。RHAはこのデザインを「エアロフォニック」と呼び、音響面でのメリットとなるうえ、後述するが装着性にも大いに貢献している。

 そして携帯性や装着性に配慮したネックバンドもおもしろい。バンドは柔軟性に富み、復元性の高いエラストマーでできていて、携帯する場合は、くしゃっとまとめてカバンに放り込める。ここが硬い素材でできている製品は、小型のヘッドバンドタイプ並みにかさばってしまうから、携帯時に少々困ってしまうのだ。

 左右のユニットをケーブルでつないだネックループタイプに比べても、装着感で勝る。首の後ろ側でケーブルがグニョグニョせず、すっきり使える。寒い時期は肌に当たると冷たいが、ケーブルも含めて十分に長いので、パーカーのフードやマフラーの外側に回すこともできる。

 イヤフォンを耳から外し、首にかけた状態で安定するデザインもいい。これは首にかかるバンド部分が細く、バッテリーや電子部品の収まる両端がぶら下がる格好だから。おまけにハウジングの背面もマグネットで吸着するので、落とす不安もない。

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART