このページの本文へ

AVerMedia「SONICBLAST GS333」、「SONICBLAST GS331」、「SONICBLAST GS335」

ゲームに最適なサウンドバーとサブウーファーがAVerMediaから

2017年12月01日 23時38分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AVerMediaから、ゲームプレイに最適とうたうサウンドバー「SONICBLAST GS333」「SONICBLAST GS331」と、専用サブウーファー「SONICBLAST GS335」が登場。パソコンショップアークで販売がスタートした。

ゲームプレイに最適とうたうサウンドバー「SONICBLAST GS333」「SONICBLAST GS331」

 サウンドバー「SONICBLAST GS333」「SONICBLAST GS331」はTVや液晶ディスプレーの前面に設置するスピーカー。「ゲームモード」「映画モード」「音楽モード」3つのサウンドモードが選択できるほか、Bluetooth 4.0対応のため、スマートフォンやタブレット、Apple TVや携帯音楽プレーヤーをワイヤレスで再生できる。

 インターフェースには、光デジタル入力端子のほか、RCA LR(赤白)入力とAUX入力を装備。PlayStation 4などの最新ゲーム機はもちろんWii Uや各種レトロゲーム機も接続可能だ。

上位モデル「SONICBLAST GS333」

 上位モデル「SONICBLAST GS333」は、最大出力60W。フルレンジドライバー4つと本体下部にサブウーファーを内蔵し、戦闘場面の銃声、爆発音、武器の音など、臨場感あふれる重低音で、2.1chの臨場感あるサウンドを実現した。長さは約67cmで重さ約2.4㎏。

PlayStation 4などの最新ゲーム機はもちろんWii Uや各種レトロゲーム機も接続可能

 下位モデル「Sonicblast GS331」は、最大出力40W。4つのフルレンジスピーカーユニットに加え、パッシブ・ラジエーターを2個搭載。長さは約62cmで重さ約1.3㎏。

 また、上記2つのサウンドバーと接続できる70W専用ワイヤレスサブウーファー「Sonicblast GS331」も発売されている。低音再生能力を強化することができ、より迫力と臨場感のある音場を作り出すことができるとしている。サウンドバーとは5.1GHz無線接続で配線いらず。音量調整ツマミがついており、直接サブウーファーの音量を調節できる。

サウンドバーと接続できる70W専用ワイヤレスサブウーファー「Sonicblast GS331」

 価格は「SONICBLAST GS333」が1万9796円、「Sonicblast GS331」が1万6524円、サブウーファー「Sonicblast GS335」が9385円だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中