このページの本文へ

従来比20%の薄型・軽量化

忘れ物タグ「MAMORIO」に小型軽量の上位モデル

2017年12月01日 16時00分更新

文● 天野透/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 MAMORIOは12月1日、Bluetooth発信タグ「MAMORIO」の上級モデル「MAMORIO S」を発表した。発売日は12月7日で、価格は4082円。

 機能はそのままに、重量/厚みを2.8mm/2.4gと従来モデルより20%削減。電池寿命はおよそ1年間を維持しながら、紛失時の発見率の指標となる電波の発信間隔を2.53倍に向上させ、有効距離も従来比およそ2倍の最大60m程度に強化した。Bluetoothのバージョンは従来の4.0から4.2へ改められている。

 MAMORIOはスマホと連係して、忘れ物の紛失を防ぐ製品。万が一の置き忘れ時には、スマホに置き忘れた場所と時間を知らせる。また、特許機能「クラウドトラッキング」を利用し、全国のユーザーと協力して自分の紛失物を探すことができる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART