このページの本文へ

新発表の洪水!AWS re:Invent 2017レポート ― 第6回

AWSヴァーナー・ボーガスCTO講演の注目の新発表とは?

オフィス向けAlexaやAWS Cloud9発表 LambdaはGoサポートへ

2017年12月01日 12時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

11月30日のAWS re:Invent 2017の基調講演に、AWS CTOのヴァーナー・ボーガスCTOが登場。新発表のサービスをシナリオに基づいて丁寧に説明した昨日のアンディ・ジャシーCEOに対し、とことんテクノロジーに踏み込んだ内容で3時間を突っ走った。ここでは新サービスに関わる部分だけをピックアップする。

エンジニア待望のAWS CTOのヴァーナー・ボーガスCTO

Alexaがオフィスにやってくる!

 Parazzo/VenetianからMGMに会場を移したボーガス氏の基調講演は予定よりも1時間多い3時間という長大なもの。多彩なゲストを招き、音声インターフェイス、運用の最適化、Well-Architected Framework、セキュリティの重要性、アベイラビリティ、分散システム、コンテナ、AIなどの幅広いテーマを取り上げた。

 新発表としては、オフィス向けの「Alexa for Business」が大きかった。こちらはAmazon.comではなく、AWSから提供されるサービスで、ホームオートメーションで用いられているAlexaのテクノロジーを職場でも活用しようというもの。たとえば、配線や設定でムダな時間を消費しがちなTV会議システムに音声で指示したり、オフィス内の電灯やブラインド等の操作、チームメンバーをAlexa経由で呼び出すことができる。さらに個人所有のAlexaデバイスと職場のAlexa for Businessを統合して使うことも可能になるという。

音声でWeb会議を始められるAlexa for Business

 Alexa for Businessはデバイスやアプリケーションパートナーとの連携によって実現される。たとえば、会議システムとしてはシスコやポリコム、オフィスアプリケーションとしてはOffice 365やG Suite、ボイスメールとしてRingCentralと連携するほか、SalesforceやConcur、SAP SuccessFactor、Splunk、Acmaticaなどでも利用できる。「Web GUIを開かず、音声で出張予定を確認したり、ボイスメールを確認することが可能になる」(ボーガス氏)とのことで、AWSが次世代の本命と考える音声インターフェイスをオフィス内にも持ち込む意欲的な取り組みと言える。

AWSサービスとなった「Cloud9」とメモリ増加などLambdaの強化

 もう1つの大きな発表が、クラウド型の統合開発環境(IDE:Integrated Development Environment)である「AWS Cloud 9」の提供開始だ。昨年の7月のCloud9買収から1年以上が経ち、AWSのサービスとして再スタートを切ることになる。

 AWS Cloud9ではWebブラウザ上でコードの作成や実行、デバッグまで実現し、AWSのサービスになったことで、EC2とも統合された。また、Lambdaなども呼び出せるほか、CodePipelineをはじめとする開発ツールとも緊密に連携するという。

 最大の特徴は複数ユーザーとのリアルタイムなコード作成。AWSのシニアソフトウェアエンジニアであるクレア・リゴーリ氏は、ボーガスCTOまで巻き込んだペアプログラミングを披露。クラウド時代のチーム開発のスタイルをアピールした。

ペアプログラミングを披露したAWS シニアソフトウェアエンジニア クレア・リゴーリ氏(右)

 サーバーレスを実現するAWS Lambdaも注目すべき新機能がいくつか追加されている。まず、従来は最大1.5GBだったメモリが最大3GBまで倍増したほか、API GatewayがプライベートVPCに対応し、NLB(Network Load Balancer)を介してVPC内のシステムを利用できるようになった。また、Lambda Functionに対して並列処理制限をかけることが可能になり、DDoS攻撃などからの保護が可能になった。さらに新たな言語として、Goと.NET Core 2.0のサポートをプレアナウンスした。

.NET CoreとGoのサポートも発表された

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ