このページの本文へ

アスキー・ジャンク部リターンズ第186回

いちごブラックサンダー 全国発売のぞむ

2017年11月29日 17時30分更新

文● モーダル小嶋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今日はおいしさイナズマ級の「ブラックサンダー」で知られる有楽製菓の「ピンクなブラックサンダー プレミアムいちご味」を一足お先に食べます。12月6日から発売されますが、北海道の空港売店・おみやげ店のみで販売される限定製品なのです。

 価格は12袋入りで864円。ミニサイズ12個入りで432円の「ピンクなミニブラックサンダー」も販売されます。

ピンクなブラックサンダー プレミアムいちご味(箱)。いちご畑においしさ直滑降!
中にはこれが12袋入っています
こちらは「ピンクなミニブラックサンダー」

 ブラックサンダー特有のザクザク食感はそのままに、北海道産ミルク使用のホワイトチョコレートに北海道産100%のいちごパウダーをブレンドしてコーティング。今年はさらに中身にも北海道産生クリームのフリーズドライを入れ、コクのあるミルク感が楽しめるとか。

 筆者はこの桃色の雷神ことピンクなブラックサンダーが出るたびに言っているのですが、有楽製菓さん、なんとか全国発売していただけないものでしょうか……。それぐらい、傑作だと思っています。

 いや、まあ、北海道産いちごにこだわっているわけで、おまけにリニューアルして生クリームまで入ったわけで、北海道以外で大量生産はできませんよといわれたら、そうだろうなと納得するしかないんですが。

 でもね、これ、おいしいんですよ。見た目だけだと、確かに「ピンク色のブラックサンダーじゃん」としか思わないかもしれませんが。

「チョコがピンク色になっただけでしょ?」と思われてもしかたがない外見
断面はこんな感じ

 ブラックサンダーのザクザク感と、いちごのさわやかな風味のバランスがよいのです。口に入れた瞬間にフルーティーな香りが広がり、ホワイトチョコレートのミルキーなコクが残る。生クリームを入れて後味がよりしっかりした印象です。さらに、甘さを押さえたビスケット部分が味にも食感にもコントラストを付けている。

 歴代のブラックサンダーでも屈指の仕上がりだと思っているのですが、北海道を訪れた人しか食べられないのは惜しい。現地を訪れた際はぜひチェックしていただけると。有楽製菓さん、どうにか全国発売を実現できないものでしょうか。よろしくお願いします。


モーダル小嶋

1986年生まれ。担当分野は「なるべく広く」のオールドルーキー。ショートコラム「MCコジマのカルチャー編集後記」ASCII倶楽部で好評連載中!

人気の記事:
「iPhone X当日在庫ゲットできた人の特徴」「セブン 今年最高のチョコミント」「名門ECMついにストリーミングに! 必聴アルバム25選」

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事
ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!