このページの本文へ

専門エンジニアが駆けつけ、故障時のオンサイト交換/設定作業を実施

ネットギア、HDD 60台搭載「ReadyNAS 4360」オンサイトサービス開始

2017年11月29日 07時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ネットギアジャパンは11月29日、4Uラックマウント型のネットワークストレージ「ReadyNAS 4360」シリーズにおいて、オンサイトサービスパッケージの販売を開始した。シャーシや搭載HDDの故障に際し、顧客のもとにサービスエンジニアを派遣して製品の交換/設定作業を行う有償サービス。

4Uラックマウント型で最大60台の3.5インチSATA HDDを搭載できる「ReadyNAS 4360」
ネットギアのオンサイトサービスの概要

 ネットギアでは、ReadyNASにおけるオンサイトサービスの対象を「HDD搭載モデルのみ」としているが、ReadyNAS 4360シリーズではHDD搭載モデルが提供されていない。今回は、ネットギアが提供する8TB HDD×20台パック(型番:RSAT8E20-10000S)を本体と同時購入した顧客のみを対象として、オンサイトサービスパッケージを販売する。

 ReadyNAS 4360向けオンサイトサービスパッケージは、有効期間(1年間/5年間)、サービス内容(当日4時間以内対応/翌営業日対応)の違いにより4種類が用意されている(当日4時間対応は特定地域のみ)。価格(税込)は14万円から。

ReadyNAS 4360向けオンサイトサービスパッケージのラインアップ

カテゴリートップへ