このページの本文へ

ノートパソコンのみと、外付けGPU BOXを接続した場合でベンチマークを計測

ゲームもできる高コスパな13.3型ノートPCは性能に不満なし

2017年12月01日 11時00分更新

文● 八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「LEVEL-13FH053-i7-RNSVI」

 13.3型モバイルノートパソコンと外付けGPU BOXで、外では持ち運べるモバイルノートとして、家ではゲームをバリバリ遊ぶゲーミングとして使えるiiyamaPC LEVEL∞の「LEVEL-13FH053-i7-RNSVI」。20万5178円から購入でき、モバイルとゲーミングを2台購入すると考えると高コスパだ。前回は、外観について紹介した。今回は、性能についてベンチマーク結果を紹介しよう。

モバイルノートとして十分な実力を発揮

 まずは、ノートパソコンのみで計測を実施した。LEVEL-13FH053-i7-RNSVIは、Core i7-8550U(1.8GHz)、8GBメモリー(試用機は16GB)、250GB SSD(M.2接続、NVMe対応)、1TB HDDを搭載。GPUは、CPU内蔵のインテル HD グラフィックス 620を採用している。

 CGレンダリングでCPUの性能を測る「CINEBENCH R15」では、Open GLが47.41、マルチスコアが578という結果だった。モバイル向けの第8世代Coreプロセッサーは、4コア/8スレッドに進化しているので、その分パワーアップしている。

CINEBENCH R15の結果

 パソコンの総合的な性能を計測する「PCMark 8」「PCMark 10」を実行。PCMark 8 Home Acceleratedが3850、PCMark 10が3764という結果だった。モバイルマシンとしては優秀な数値だ。これだけあればOfficeソフトを使った作業やウェブブラウジング、動画閲覧などはまったく問題ないだろう。

PCMark 8 Home Acceleratedの結果
PCMark 10の結果

 続いて、グラフィックス性能を測る「3DMark」では、Fire Strikeが1101、Sky Diverが4639という結果に。ノートのみでも、タイトルや設定次第でゲームが遊べなくもない。

Fire Strikeの結果Sky Diverの結果

 ゲーム系のベンチマークは、「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク」を計測。1920×1080ドット、標準品質、フルスクリーンという設定で2617(やや快適)だった。もちろん外付けGPU BOXと接続してゲームを楽しむのが1番だが、外で暇な時間にブラウザーゲームで遊んだり、負荷が低めのMMORPGもちょっとレベル上げする程度であればできそうだ。

ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマークを1920×1080ドット、標準品質で計測

 LEVEL-13FH053-i7-RNSVIは、NVMe対応のM.2 SSDを搭載している。ストレージ速度を測る「CrystalDiskMark」では、シーケンシャルリードで2315.5/秒を記録。さすがはM.2といった結果だ。OSの起動も高速で、キビキビと動いてくれるので、使っていてストレスにならないのはありがたい。

CrystalDiskMarkの結果

外付けGPU BOXで3Dゲームがバリバリ遊べる

 では、外付けGPU BOXを接続した場合にどれだけパワーアップするか見ていこう。外付けGPU BOXは、電源をオンにしてThunderbolt 3ケーブルをノートパソコンに接続すればすぐ起動する。なお、普段は接続するだけで外付けGPU BOXに搭載しているGPUを認識するが、GPUを別の製品に付け替えるとたまに認識しないときがある。そういう場合は、パソコンを再起動すれば、認識してくれる。

 LEVEL-13FH053-i7-RNSVIは、外付けGPU BOXに標準でGeForce GTX 1060(3GB GDDR5)を搭載している。これを接続した状態で、3DMarkを計測してみた。結果は、Time Spyが3414、Fire Strikeが8243だった。ノートだけだとFire Strikeが1101だったので、グンとパワーアップしているのがわかる。GeForce GTX 1060なので、すべてのゲームが最高設定で快適というわけではないが、設定次第ではほとんどのゲームが遊べるだろう。

Time Spyの結果Fire Strikeの結果

 ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマークは、1920×1080ドット、最高品質、フルスクリーンという設定で9052(非常に快適)という結果だった。負荷が高めのMMORPGでも、バリバリ遊べる。

ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマークを1920×1080ドット、最高品質で計測

 もし、海外の大作ゲームなどもバリバリ遊びたいという場合は、カスタマイズでGeForce GTX 1060(6GB GDDR5)/GeForce GTX 1080(8GB GDDR5X)/GeForce GTX 1080 Ti(11GB GDDR5X)に変更可能なので、予算に合わせて強化するといい。また、後からグラボを購入しても、付け替えはとても簡単で苦労しないのもポイントだ。

試用機の主なスペック
機種名 LEVEL-13FH053-i7-RNSVI
CPU Core i7-8550U(1.8GHz)
グラフィックス インテル UHD グラフィックス 620/GeForce GTX 1060 3GB GDDR5(GPU BOX使用時)
メモリー 16GB
ストレージ 250GB SSD(M.2接続、NVMe対応)、1TB HDD
ディスプレー 13.3型(1920×1080ドット)、ノングレア
内蔵ドライブ
通信規格 有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.2
インターフェース(ノートパソコン) USB 3.1(Type-C、Thunderbolt 3対応)端子、USB 3.0端子×2、HDMI出力端子、Mini-DisplayPort、ヘッドフォン/スピーカー出力端子、マイク入力端子、有線LAN端子、SDカードスロット
インターフェース(外付けGPU BOX) USB 3.0端子×3、USB 3.0端子(Type-C)、USB 3.1(Type-C、Thunderbolt 3対応)端子、有線LAN端子
サイズ/重量(ノートパソコン) およそ幅330×奥行226×高さ19mm/約1.5kg
サイズ(外付けGPU BOX) およそ幅172×奥行400×高さ242mm
OS Winodws 10 Home(64bit)

■関連サイト

カテゴリートップへ