このページの本文へ

MoguraVRのゲームとって出し第59回

テディベアの魔の手からおもちゃ工場を守れ!?

本格シューティングなのに敵がテディベアなVRゲーム「Sneaky Bears」

2017年11月22日 19時30分更新

文● やましん/Mogura VR

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今回紹介するのは、様々な武器を駆使して邪悪なテディベア軍団と戦うVRシューティングゲーム「Sneaky Bears」だ。プレイヤーは悪のテディベアに占拠されたおもちゃ工場を解放し、人質ならぬ“パンダ質”に取られたパンダのぬいぐるみたちを助ける。ストーリーはずいぶんとコミカルなものの、シューティングゲームとしての出来は非常に良い。

 プレイヤーはこちらに向かってくる悪のテディベアたちをひたすら撃っていく。ただし、テディベアを撃つために使うのは本物ではなくおもちゃの銃。それゆえ弾がまっすぐ飛ばなかったり独特の挙動をしたりと、狙うのが少し難しい。

 ゲームモードは「サバイバル」「ファイア」「ボム」の3種類。「サバイバル」ではショットガンを装備し、敵を力でなぎ倒していくモードだ。

 「ファイア」は水鉄砲で火を消しつつ、襲い来るテディベアたちを倒していくモード。火が大きくなると煙に巻かれて体力がどんどん減っていくため、火の様子を見つつテディベアも倒すことが必要。なかなかの難易度だ。

 「ボム」は冷凍光線銃で爆弾を凍らせて処理するモード。爆弾はパンダたちめがけてベルトコンベアの上を流れてくるので、パンダたちのところに爆弾がたどり着いてしまう前に凍らせる。もちろんテディベアもこちらを襲ってくるので、それも対処しなくてはいけない。「ファイア」モードの水鉄砲はテディベアに当てても効果はないが、「ボム」の冷凍銃はテディベアを凍らせて足止めできる。

 敵のテディベアは様々な手段でこちらを攻撃してくる。中には防備を固めた大型のテディベアも。通常のハンドガンでは攻撃が弾かれてしまうので、ショットガンで防具を破壊してからハンドガンで対処しよう。ただし、盾を破壊されたテディベアは移動速度がアップし、ダッシュでこちらに向かってくる。盾の隙間から体を撃ち抜くと一撃で倒せるので、慣れてきたら狙ってみてもよいだろう。

 「ファイア」と「ボム」には、風船をくくりつけた空飛ぶテディベアも登場する。普通のテディベアは背丈が小さいため、プレイヤーは下を向きがち。飛行型テディベアは死角をついて襲ってくるため、非常に厄介だ。見つけたらすぐに叩き落としてしまおう。

 テディベアが出現した瞬間に倒したり連続で倒したりすると、高スコアを狙うには欠かせないボーナスポイントが得られる。そのほか防具を装備したテディベアを盾の隙間から撃って倒したり、飛行型のテディベアの風船を撃ち抜いたりしてもボーナスが得られる。また、ステージに時折出てくるマトも撃ち抜くとスコアになる。積極的に撃っていこう。

 本作はHTC VIVEだけでなくOculus RiftやPSVR(PSVRは北米版のみ)にも対応している。敵のテディベアはかわいい外見をしているものの、シューティングゲーム自体は本格的。リアルな戦場を体感したいプレイヤーには向かないかもしれないが、VRシューティングというジャンル自体が好きなプレイヤーにオススメできるタイトルだ。かわいいクマに囲まれる体験ができるため癒し要素も少しはあるだろう。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事