このページの本文へ

インターネット接続して喋るドール、Wi-Fi接続可能な子供用タブレットなども要注意

マカフィー調査「最もハッキングされやすいギフト」公開

2017年11月21日 15時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ドローンやAIアシスタント、ハイテクトイやスマート家電などネット接続が危険という

 米マカフィーは11月14日(現地時間)、2017年版「最もハッキングされやすいギフト一覧」を発表した。

 ブラックフライデーやクリスマスなどホリデーシーズンのギフト商戦にあわせた消費者調査で、今年で3回目となる。回答者の88%がオンラインでギフトを購入する予定であるとしているが、18%はデバイスをセキュリティーソフトウェアで保護する必要はないと考えていると回答。53%が実際にセキュリティーを実施し、22%がセキュリティー対策を検討しているものの、その方法が分からないと答えたという。

 マカフィーが分析する「最もハッキングされやすいギフト」では、ノートPCやスマホ、タブレットに次いで「ドローン」、「AIアシスタント」、「インターネット接続可能な子供用玩具」、「ネットワーク家電」が並ぶ。とくにセキュリティーの脆弱な機器もあることから、Wi-Fiに接続する場合には接続先を確認、AIアシスタントやスマート家電と連携するサイトのクリックに注意を払い、最新のソフトウェアにアップデートするなどの対策を推奨している。

カテゴリートップへ

マカフィーバナー せきゅラボ研究結果

30秒でわかるマカフィーリブセーフ!


マカフィーバナー スマホとPCをサイバー攻撃から守る術

マカフィーバナー セキュリティ被害はあなたの半径1m以内でも起きる

「ドコモ あんしんナンバー チェック」のサービス提供対象やご利用方法などの詳細はNTTドコモのウェブサイトをご覧ください。

スマートフォンから PCなどから