このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

プリンストンが販売する高機能ストレージ「Drobo」を活用しよう

冬ボーナス時期到来! お勧めのDAS? それはDrobo 5C

2017年11月30日 11時00分更新

文● 飯岡真志、編集 ●金子/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

いつも言ってることだがデータは増える増える……

 私事で恐縮だが、先日これまで使っていたiPhone 5sからiPhone 8 Plusへと機種変更した(Apple製品好きのライターのくせに、iPhone XじゃなくてiPhone 8 Plusかよ!というお叱りは甘んじて受ける)。スマートフォンが新しくなると、いろいろと使い勝手が変化するわけだが、筆者が感じた最も大きな変化はカメラの性能がぐっと上がったことであった。3世代もジャンプしたのだから、当然だが……

 iPhone 5sのカメラは8Mピクセルであったのに対して、iPhone 8 Plusのカメラは12Mピクセルと画素数は約1.5倍に増えており、当然写真のファイルサイズは増加する。被写体によってファイルサイズは大きく異なるが、iPhone 5sの時は1~2MBくらいだったものが、iPhone 8 Plusでは2~3MBになったくらいの感じだ。

 写真や動画に限らず、音楽や電子書籍などなど…… 技術の進歩にともない個人が所有するこれらの多種多様なデータは、増え続けるのがこの世の定めだ。では、その増えたデータはどうハンドリングしていけば良いのだろう?

 スマートフォンやパソコンに内蔵されているストレージは、以前より大きくなってはいるが、どんどん使っていけばいつか残容量は底をつく。そこで必要になってくるのが、外付けのストレージ機器である。昨今なら、USB接続のHDDが一般的だろう。だが、USB HDDの中から適当な製品を選んで買ってくればOKだろうか? ここで問題になってくるのが、「HDDは消耗品であり、いつか壊れる」という恐ろしい事実である

 データの量が大きくなるという需要増に合わせてHDDも大容量化が進み、今やその容量はTB(テラバイト、1兆バイト)でカウントするほどだ。だがそれは、万が一のHDD故障の際に失われるデータも大量になるということでもある。そう考えると、安全対策として「同じデータを別のHDDにも記録しておく」事が望ましい(実際にはもうちょっと複雑なものもある)。万が一片方のHDDが故障して動かなくなっても、もう一方のHDDにデータがあるから安心というわけだ。


 

(次ページ、「複数HDDのストレージなら必ず安全?」に続く)

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART