このページの本文へ

世界の衛生問題を考えるきっかけに:

LIXIL「透けるトイレ」北青山に設置

2017年11月15日 14時00分更新

文● G. Raymond

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 11月19日は国連が制定した「世界トイレの日」(World Toilet Day)。

 LIXILは11月17日~19日の3日間にわたり、神宮外苑いちょう祭りで、世界トイレの日特別企画「トイレはどこ?」を開催。ブースには、マジックミラーで四方が囲まれ、中から外が透けて見える「シースルートイレ」を設置する。

 「世界の衛生問題を自分ごとに考えてみる」を目的に、プライバシーがない場所で排泄をすることを想像し、衛生問題がどういうことか理解する仕立て。世界ではいまだ、3人に1人が安全で衛生的なトイレを使えない現実があり、トイレのない地域では屋外で排泄をしなければならない不衛生な環境に置かれているという。


■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART