このページの本文へ

約100kgまで耐荷可能

旅行やレジャーで活躍、椅子になるバッグ「Seatbag」

2017年11月10日 16時30分更新

文● 八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Seatbag」

 ユニットコムは11月10日、パソコン工房AKIBA STRATUPで椅子になるバッグ「Seatbag」の展示を開始した。展示期間は11月28日まで。

 Seatbagは、マチを広げ六角形に立てるだけで椅子になる。ハチの巣の形から着想を得た六角形のデザインにより、安定して座れるという。約100kgまで耐荷可能だ。表地にテフロンでコーティングされたポリエステルを採用し、耐久性、耐水性が高く汚れに強いとしている。

 サイズはおよそ幅44.7×奥行20×高さ42cmで、重さは約1.2kg。クラウドファンディングサイト「GREENFUNDING」で支援が可能だ。

カテゴリートップへ