このページの本文へ

McAfee Blog

実は密かに撮られてるかも、iPhoneのカメラアプリに注意

2017年11月09日 12時00分更新

文● McAfee

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

2017年は、「自撮り」がとても流行っています。iPhoneのカメラ切り替え設定を使い、時々、自分の写真を撮る人は多いと思います。しかし、勝手に撮影されているとしたら、何が起こるでしょうか。パパラッチやテレビののぞき見番組の話をしているのではありません。お使いのiPhoneのことです。iPhoneには、携帯電話のカメラにアクセスできるアプリが前面で実行している時に、密かにユーザーの写真や動画を撮らせる機能があることが判明しました
ではそもそも、なぜこの事実が注目されるようになったのでしょうか。それは、Googleの開発者が、iPhoneの画面でカメラのファインダーが「開いて」いなくても、アプリがいつでもユーザーの写真や動画を撮影できることを証明した概念実証プロジェクトの詳細を自身のブログに投稿したのです。また特筆すべきは、これがバグではなく、意図的なふるまいと思われる点です。
では、実際にこの機能で何ができるのでしょうか。アプリにカメラへのアクセス権限を与えると、以下のふるまいが可能になります。

  • アプリが前面で起動している時は、いつでもユーザーを録画できる
  • ユーザーに断りなく写真や動画を撮る
  • 撮影した写真/動画をその場でアップロードする
  • リアルタイムで顔認証を実行し、顔の特徴や表情を検知する

明らかに、この機能は潜在力を秘めています。私たちの多くはカメラで撮影したコンテンツを見ている時やLEDが点滅している時にだけカメラが動作していると思っていますし、iPhoneにはカメラがオンであることをユーザーに示す機能はないのですから。

大事なことは、この機能について知っておくだけでなく、自分のプライバシーを守るための予防手段を講じることです。以下に、そのためのヒントをまとめます。

  • カメラ カバーを使う。古典的な対策に聞こえるかもしれませんが、ユーザーが顔を見られてもいいタイミングを選べるわけですから、有効な対策です。インターネットでは、さまざまなカメラ カバーが販売されていますし、ポストイットだって構いません。
  • カメラにアクセスできるアプリに注意する。アプリをダウンロードする際、カメラへのアクセスを求める通知が表示されます。必要でなければ、あるいは本当にアプリにカメラへアクセスさせたいのでなければ、アプリにアクセス権を与えないでください。すべてのアプリのカメラ アクセスを無効にすることも可能です。また、可能な限り、写真を選択する時は、必ずiPhoneに搭載のカメラ アプリを使うか、各アプリのイメージ ピッカーを使用してください。
  • モバイル セキュリティ ソリューションを使う。この機能はバグではありませんが、この機能が悪人の手に渡った場合に備え、携帯電話に保存される個人データを確実に保護することが重要です。McAfee Mobile Securityなどのモバイル セキュリティ ソリューションで、お使いの携帯電話のセキュリティを強化してください。

また、最新のユーザーおよびモバイル セキュリティ脅威情報は、Twitterで@McAfee_Homeをフォローするか、Facebook「いいね」をすることでご確認いただけます。

※本ページの内容は2017年10月31日更新のMcAfee Blog の抄訳です
原文:Secret Selfies: iPhone Apps Can Take Pictures and Videos of You Without Your Knowledge
著者:Gary Davis

カテゴリートップへ

マカフィーバナー せきゅラボ研究結果

30秒でわかるマカフィーリブセーフ!


マカフィーバナー スマホとPCをサイバー攻撃から守る術

マカフィーバナー セキュリティ被害はあなたの半径1m以内でも起きる

「ドコモ あんしんナンバー チェック」のサービス提供対象やご利用方法などの詳細はNTTドコモのウェブサイトをご覧ください。

スマートフォンから PCなどから