このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

日本語もどんどん賢くなるアマゾンのスマートスピーカー「Echo」が来週出荷

2017年11月08日 19時00分更新

文● ハシモト/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Amazon Echo」。3つのラインナップがあり、さらにカラーバリエーションも用意
「Amazon Echo」。3つのラインナップがあり、さらにカラーバリエーションも用意

 アマゾンジャパンは11月8日、スマートスピーカー「Amazon Echo」(アマゾン エコー)および関連サービスを日本で展開すると発表した。

 当初は招待されたユーザーのみへの販売で、11月13日の週から出荷を開始する(申し込みをすることで数週間で招待メールを受け取ることが可能)。

 Amazon Echoは3つのラインナップを用意。コンパクトで有線スピーカーの接続も可能な「Echo Dot」(5980円)、スタンダードサイズでツィーターやウーファー内蔵の「Echo」(1万1980円)、もっとも大型でZigBee対応の「Echo Plus」(1万7980円)となる。なお、プライム会員はEchoを7980円、Echo Dotを3980円で購入できる(11月17日まで)。

「Echo」と「Amazon Music Unlimited」(後述) 「Echo」と「Amazon Music Unlimited」(後述)
本体上面。4つのボタンがある Echoの分解図。ツィーターやウーファー内蔵。Dolbyのプロセッシング技術により360度の再生ができる
本体上面。4つのボタンがあるEchoの分解図。ツィーターやウーファー内蔵。Dolbyのプロセッシング技術により360度の再生ができる
もっとも小型の「Echo Dot」。スピーカーを内蔵するが、外付けスピーカーも接続できる もっとも大きな「Echo Plus」。PhilipsのZigBee対応製品を直接コントロールできる
もっとも小型の「Echo Dot」。スピーカーを内蔵するが、外付けスピーカーも接続できるもっとも大きな「Echo Plus」。PhilipsのZigBee対応製品を直接コントロールできる
Echo PlusでZigBee対応コンセントをコントロール。ZigBee対応家電でなくても電源オン/オフができる Echo PlusでZigBee対応コンセントをコントロール。ZigBee対応家電でなくても電源オン/オフができる

 スピーカー構成などハードウェア以外の基本機能は同じとなる。クラウドベースの音声認識サービス「Amazon Alexa」(アマゾン アレクサ)により、声で操作が可能。

 音楽の再生はもちろん、ニュースやスポーツ情報を聞いたり、天気を確認したり、タイマーやアラームを設定したりできるほか、対応するスマート家電の操作もできる。

 Bluetoothに対応しており、音声を別のBluetoothスピーカーに送信することも可能だ。

定額音楽配信サービスも開始

「Amazon Music Unlimited」のロゴ
「Amazon Music Unlimited」のロゴ

 今回、定額音楽配信サービス「Amazon Music Unlimited」も発表され、これをAmazon Echoで利用することが可能。Echo専用のサービスプランを用意しており、月額380円で利用できる。

 同サービスでは4000万以上の楽曲が利用可能で、数百のプレイリストも用意。NTTドコモの「dヒッツ」などが協力しており、Dreams Come Trueや乃木坂46など日本の楽曲も聞くことができる。

 ちなみに、スマホやPCでの利用も可能で、料金は一般ユーザーが月額980円。プライム会員は月額780円、年額7800円。また、月額1480円、年額1万4800円で家族全員が楽しめるファミリープランも用意する。

このように自然に話しかけることで曲を再生してくれる
このように自然に話しかけることで曲を再生してくれる
ムードやジャンルなどを選ぶことでおススメ曲をチョイスしてくれる ムードやジャンルなどを選ぶことでおススメ曲をチョイスしてくれる

 Echoで利用する際は、ジャンルやムード、年代などを声で指定することでおススメの曲を再生してくれる。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART