このページの本文へ

合わせてWebSphereやDb2、MQのコンテナ化されたバージョンを発表

IBM、クラウド・ネイティブなアプリ開発環境をプライベート・クラウドで実現する「IBM Cloud Private」

2017年11月08日 15時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
IBM Cloud

 日本IBMは11月8日、コンテナ技術を採用するアプリケーション開発環境「IBM Cloud Private」を発表。提供開始した。

 クラウドでのアプリケーションが普及しているが、インターネット経由での操作の懸念や、パブリック・クラウドにデータを置くというリスク対策の問題により、開発環境の構築が難しいという問題がある。

 IBM Cloud Privateは、コンテナ、Kubernetesなどオープン・テクノロジーを基盤技術として採用。さまざまなソフトウェアと共にクラウド・ネイティブ・アプリケーションの開発と運用に必要な環境を、プライベート・クラウドまたは企業のオンプレミス環境に迅速かつ容易に構築。マイクロサービス化されたアプリケーションの開発や、パブリック・クラウドやプライベートクラウドの展開に加え、これまでクラウド化しにくかったアプリケーションのクラウド化を図ることができる。

 DockerコンテナとCloud Foundryの両方をサポート。Dockerコンテナではコンテナアプリのスケーリングの自動化管理を集約できる。また、移動中のすべてのデータを暗号化し、データアクセス、コンプライアンスを監視する機能を搭載するため、アプリケーション開発時の厳格なアクセス・コントロールを提供。

 IBMでは、IBM Cloud Privateの発表に合わせ、同社の「IBM WebSphere Liberty」、「Db2」、「MQ」や、Javaアプリなどをマイクロサービス化するツールなども提供。ソフトウェアや開発フレームワークの新しいコンテナ化バージョンを使用できる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ