このページの本文へ

寅年生まれ肉食ナベコの「なんでも食べてみる」第366回

焼鳥専門店「鳥放題」が若い女子に人気! 人気の理由を記者が潜入調査

なぜ? 女子高生に人気の居酒屋の秘密

2017年11月07日 17時10分更新

文● ナベコ 撮影●高橋 智

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

■Instagramで話題に

 そもそも女子高生は居酒屋さんに入っていいのでしょうか?

 お店の人に聞いたところ、ソフトドリンクであれば未成年の利用もオーケーとのこと。

 鳥放題はお酒を提供しますし、お酒のつまみにぴったりな焼鳥専門店であるため、居酒屋さんの側面もあります。ですが、あくまで焼鳥食べ放題のサービスがメインなので、食事を目当てに来るお客さんが多いようです。

Instagramはこんな感じでした。

 女子高生の鳥放題人気は、InstagramなどSNSで拡散されたことがきっかけと見られています。試しに、Instagramで「鳥放題」と検索してみると、若い女子のキラキラした写真がたくさん投稿されていてびっくりするはずです。

 渋谷に店舗ができたのもSNSでの話題が先行で、東京にもできて欲しいというお客さんのコメントがあったから、という話を聞きました。渋谷店はセンター街に立地していることもあって、特に女子高生が多いのかもしれません。

■気になる料金は?

とりほのシステムをチェック

 さて、気になる利用料金をチェックしてみましょう。3つの食べ放題コースからいずれかを選ぶというシステムです。ドリンクは単品で注文するか、ソフトドリンク飲み放題(734円)、お酒飲み放題(2138円)を付けられます。ドリンクは1人1杯以上の注文が必須。

●<限定23品>23品食べ放題 1598円
(ソフドリ飲み放題2332円/酒飲み放題3736円)

●<スタンダード>63品食べ放題 2138円
(ソフドリ飲み放題2872円/酒飲み放題4276円)

●<プレミアム>82品食べ放題 2678円
(ソフドリ飲み放題3412円/酒飲み放題4816円)

※すべて時間制限は120分
※ドリンクは単品での注文も可能

人気メニューを備えたスタンダードコース最上級のプレミアムコースでは、牛串などを頼めます。一方、23品コースはシンプルでお手頃価格。

 いかがでしょう? 酒好きとしては、お酒の飲み放題をつけた価格に注目してしまうため、決して安くない、いや、むしろ高いのではないかと感じました。

 ただ、ドリンクは単品で付けることもできますし、23品食べ放題コースにしてソフトドリンクを1杯のみつけた場合、2000円ほどで利用できます。女子高生たちはきっと賢く利用をしているのでしょう。

この連載の記事
ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!