このページの本文へ

量子もつれを利用する「量子暗号」の新手法、中国の研究者が実証

Emerging Technology from the arXiv

2017年11月06日 06時13分更新

記事提供:MIT Technology Review

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

原理的に完全な安全性を持つ「量子暗号」はこれまで、暗号化・復号化の鍵のやり取りにのみ量子的なプロセスを利用していた。しかし、中国の精華大学の研究者が「量子もつれ」を利用して、メッセージ自体を量子的なプロセスで送信する新たな手法の実証実験に成功した。

【この続きをMITテクノロジーレビューで読む】

Web Professionalトップへ

最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

ピックアップ