このページの本文へ

秋のヘッドフォン祭 2017第7回

真空管とトランジスタ回路を切り替えて使用できる

DSD1024にアップサンプリングできるネットアンプ「Pro iDSD」

2017年11月04日 06時00分更新

文● 貝塚/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
据え置き型のDAC内蔵ネットワークアンプ「Pro iDSD」

 トップウィングは、中野サンプラザで開催中の「秋のヘッドフォン祭2017」で発表会を開催。

 iFI-AudioのDAC内蔵ポータブルヘッドフォンアンプ「X-DSD」および据え置き型のDAC内蔵アンプ「Pro iDSD」を発表した。

注目度の高い新シリーズポタアン

 X-DSDは同社の新シリーズとなる「Xシリーズ」からのリリース。バッテリーを内蔵したポータブル向けのヘッドフォンアンプ。113dBというダイナミックレンジを持つ。最大でDSD522 22MHz、768kHz/32bitまでのPCMに対応。

X-DSDは同社の新シリーズとなる「Xシリーズ」からのリリース

 3.5mmのヘッドフォンジャックでバランス接続相当の音質を実現するという「S-Balanced」に対応するほか、Bluetooth接続にも対応。コーデックはaptXおよびAAC。発売時期、価格未定。

ProシリーズのDSD対応アンプ

 Pro iDSDは据え置き型のDAC内蔵ネットワークアンプ。これまでもイベントなどで存在が明かされていたモデル。

背面にアンテナを設ける

 音源をDSD1024 45/49MHzへとアップサンプリングして再生する機能を搭載。Wi-Fiおよび搭載するLAN端子接続によりネットワークオーディオ再生や、音楽ストリーミングサービスと連携しての使用が可能(LINKPLAY機能)。

 トランジスタだけでなく真空管を回路に持ち、ユーザーは好みに応じて切り替えて使用できる。発売時期、価格は現時点で未定だが、今回展示されたのは試作機の最終モデルとなり、間も無く生産に移る予定という。

>PAW Goldの2017年版も

 高音質ということで評価の高いPAW Gold。同一仕様ながら、部品など一部変更した2017年モデルも展示されていた。内容的には変わらないはずだが、聴くと違いを感じる……といった声も。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART