このページの本文へ

サーモスならではの技術を活用し、さらなる高音質化を目指したスピーカー

サーモス、真空エンクロージャー搭載の新スピーカーを発表

2017年11月02日 16時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「VECLOS アクティブ ニアフィールド モニター MSA-380S」

 サーモスは11月1日、独自の真空二重構造「真空エンクロージャー」を搭載した新スピーカー「VECLOS アクティブ ニアフィールド モニター MSA-380S」を発表。12月1日に発売する。

 2015年に発売した「SSA-40M/SSA-40Sシリーズ」のクリアな音質の好評を得て、プロスペック版として開発されたデスクトップ環境に最適なニアフィールドモニター。高い剛性によりクリアなサウンドを実現する真空エンクロージャーを搭載し、サーモスならではのステンレス製メタルシリンダーにより明確な定位と立体感ある音場、クリアなサウンドを実現。

 専用開発のパイオニア製52mmフルレンジスピーカーユニットを採用。高速な低域レスポンスを実現するバタフライダンパー&バスレフポート、最適化されたフルバランス構成のアンプなど、細部にまでこだわり抜いた仕様となっている。

 アンプ定格出力13W、本体サイズはおよそ幅74×奥行き171×高さ98mm(角度0度状態)、重量はおよそ850g(1台)。価格はオープンプライス。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART