このページの本文へ

iPhone X&iPhone 8、ASCII徹底大特集!第49回

iPhone Xの新機能「Face ID」の正確さに驚愕!

2017年11月02日 12時00分更新

文● スピーディー末岡/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 11月3日の発売を前にして、「iPhone X」がASCII編集部にやってきた! すでに開封の儀は記事になっているので、新機能で目玉のひとつ「Face ID」をさっそく試したので、その結果をお伝えする。

編集部に届いたiPhone Xにキャッキャウフフ中のヤング編集者たち

 Face IDは当たり前だが最初にユーザーの顔を登録するところから始まる。次にドットプロジェクターに顔の凹凸を認識させるため、首の運動のごとく顔をグルグル回す必要がある。この動作を2回やれば顔の登録は完了。あっさりしている。

Face IDでできることは多いが、まずはロック画面の解除から
座りっぱなしで作業することが多い編集者としては、首をグルグル回すのは気持ちイイ
ぐる~りと回し終わったらもう一回。あっけないほどカンタンに顔が登録される

メガネあり・なし:解除OK

 顔認証のお約束だが、メガネを取っても反応するかどうかをチェック。これはなんなく認証をクリア。お風呂上がりや寝起きなど、メガネをかけていない状態からiPhone Xを使いたいときでも安心だ。

口を大きく開けてみる:解除OK

 最初の何回かは口を開けるとロック解除されなかった。しかし、学習したのか口を開けていてもしっかりと認識してくれるように。あくびをしながらでもiPhone Xを使えるということだ。

口を隠す:解除NG

 意外にも反応してくれなかったのがコレ。顔の上半分が出ているだけではダメらしい。これは何回やってもロック解除されなかったので、おそらくマスク着用も厳しいかも。

目を隠す:解除NG

 顔の上半分を隠してみたが、これもダメ。顔の凹凸が手で隠されてしまっているからだろう。

正装(標準モード):解除OK

 筆者の正装であるヘルメット装着。なんとまさかのロック解除! ヘルメットで頭が覆われているので厳しいかと思いきや。なにげに、バイク乗りの人には朗報だ。

正装(本気モード):解除OK

 筆者が本気のときはヘルメットのバイザーを下げる! これまた驚きのロック解除。ドットプロジェクターはバイザー越しに顔を識別しているのだろうか。なんにせよ、バイク乗りにありがたい。今度はフルフェイスで試してみたいところ。

ドロイドさん:解除NG

 ドロイドさんに頼んでマスクを使わせてもらった。さすがにここまで顔が隠れていると、ピクリとも動かず。残念ながらドロイドさんはロック解除ができないようだ。

ほぼ実物大顔写真:解除NG

 筆者の顔をほぼ実寸でカラープリントし、それでロック解除できるのか試したところ……ダメだった。たしかに、これで解除されてしまってはセキュリティーの意味をなさないため、当たり前なのだが。

【まとめ】Face IDを使ったら指紋に戻れない!

 まだまだ検証してみたい事例はあるのだが(双子とか寝顔とか)、取り急ぎここまで。しかし、この短時間の検証でも、ロック解除できる場合とできない場合がしっかりしていたので、安心して使えそうだ。心配だったロック解除までの認識時間も素早く。体感で1秒かからない。見た瞬間ロック解除と言っても過言ではない。

 最近は指紋認証に慣れてきてしまって、指紋センサーのないスマホなんて使えない! と思っていたのだが、Face IDの利便性を体験してしまうと、指紋には戻れないなあと、遠くを見つめてしまった。


■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中