このページの本文へ

サービス運営者が明かす、検索連動型広告の売上の作り方

2017年10月31日 10時34分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

検索連動型広告「D2C Performance Ads」が、2017年11月末で提供終了(広告配信終了)します。そこで、提供者であるD2Cの担当者が提供者目線での運用型広告を解説します。

多くのマーケターの皆さんが、自社サービスへの集客や購入・成約を目的としてGoogle Adwordsをはじめ検索連動広告サービスを利用し、日々運用をされていると思いますが、その半面、検索広告サービス自体を運営し広告を配信するプレイヤーは、以前言及した通りさほど多くありません。Googleの市場シェア(Yahoo!もシステムはGoogleなので)が圧倒的である市場感を考えると、今後も登場してくることは考えにくいでしょう。

世の中、マーケター/広告主視点での検索広告TIPS情報はごまんとありますが、検索広告サービスの運営視点での「検索連動広告の売上の作り方」を書き残すことは、歴史的にほんの少しは意味があるのではないかと、検索広告サービスの仕組みと運営の考え方をさわりだけですが、まとめます。

検索連動広告の売上公式

サービス提供者から見た場合、検索連動広告の売上は下記の公式で表現できます。

この記事をWPJのサイトで読む

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く