このページの本文へ

信頼性の高い認知機能診断手法「長谷川式認知症スケール(HDS-R)」を使用

無料のiOS向け認知症テストアプリ「Moffワスレナグサ」

2017年10月30日 15時50分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Moffは10月27日、「認知機能のテスト」が簡単にできるiOS向けアプリ「Moffワスレナグサ」のリリースを発表した。価格は無料。

 Moffワスレナグサは、医療機関や介護施設で広く認知症の診断に利用されている手法「長谷川式認知症スケール(HDS-R)」を使用。これまで、実施には筆記用具や記録用紙、関連性の低い5つのアイテム(ハサミ、腕時計、鉛筆、くし、スプーンなど)を用意する必要があった。

 同アプリでは5つのアイテムを画面内に表示。実際に用意する必要はなく、質問時に動画でアイテムを表示することで、アプリのみで認知機能のテスト・チェックができる。

 なお個人だけでなく、介護施設や病院でも無料でMoffワスレナグサを使える。同社は、広く「認知機能の低下の早期発見」に役立つことを、期待しているという。

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

IoTイベント(300x100)

電玉バナー(300x100)

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ