このページの本文へ

ソニーの最新ミラーレス一眼「α7R III」を触ってきた!

2017年10月27日 21時45分更新

文● ハシモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「α7RIII」
「α7RIII」

 ソニーが11月25日に発売を予定しているミラーレス一眼の新モデル「α7R III」(ボディーのみの予想実売価格は40万円前後)。この体験会が10月27日に開催された。

 ソニーはミラーレスタイプのフルサイズ機として、最上位機種の「α9」と、その下のクラスとなる「α7」をラインナップする。

 α7には、スタンダードモデルの「α7」シリーズ、高精細モデルの「α7R」シリーズ、高感度モデルの「α7S」シリーズの3タイプがある。

 今回発売されるα7R IIIは、α7Rシリーズ3代目にあたり、約2年ぶりのモデルチェンジとなる。

通常の撮像素子の記録方式
通常の撮像素子の記録方式
「ピクセルシフトマルチ撮影」の記録方法
「ピクセルシフトマルチ撮影」の記録方法
「ピクセルシフトマルチ撮影」の設定画面 「ピクセルシフトマルチ撮影」の設定画面

 一番のウリとなるのは「ピクセルシフトマルチ撮影」という機能だ。撮像素子は通常、1画素あたり(RGBのうちの)1色の色情報を得て、そのほかの色は周囲の画素から補完して画像を生成する。

 しかし、本機では撮像素子を1画素ずつずらして4回連写し、専用のPC用ソフト「Imaging Edge」で合成することで1つの画素でリアルにRGBの色情報を取得。この結果、高い解像感と忠実な質感描写が得られるという。

PCからリモート撮影が可能な「Imaging Edge」 Imaging Edge上からピクセルシフトマルチ撮影の設定が可能
PCからリモート撮影が可能な「Imaging Edge」Imaging Edge上からピクセルシフトマルチ撮影の設定が可能

 Imaging Edgeは「Remote」「Viewer」「Edit」の3つの機能があり、RemoteではPCからのリモート撮影に対応。ピクセルシフトマルチ撮影もPC上から可能となっている。α7RIIIはUSB 3.1(Type-C端子)を装備しており、巨大なRAW画像の転送も高速に行なえる。

 Viewerでは撮影画像の確認はもちろん、ピクセルシフトマルチ撮影で撮影された4枚の写真を自動で合成して表示してくれる。

 Editではピクセルシフトマルチ撮影で撮影された画像の現像が可能で、明るさや色合い、ピント位置などの画質調整もできる。

 連写速度も従来の5コマ/秒から10コマ/秒に高速化されている。メカシャッター、電子シャッターどちらでも10コマ/秒の撮影が可能で、上位機種のα9と比較して、電子シャッター(最大20コマ/秒)こそ負けているが、メカシャッター時(最大5コマ/秒)はα7RIIIのほうが多くの枚数が撮れる。

 なお、シャッターチャージユニットも新開発のものを採用しており、約50万回のレリーズ耐久性を備えているという。

被写体の目線が下を向いていても瞳を検出 被写体の目線が下を向いていても瞳を検出

 このほか、人物の瞳を検出してピントを合わせる「瞳AF」も強化された。被写体が移動したり回転したりしても追従が外れにくくなり、さらに被写体が伏し目がちでも瞳を検出できるようになった。

「FE24-105mm F4 G OSS」レンズ 「FE24-105mm F4 G OSS」レンズ

 そして、同時に発売される「FE24-105mm F4 G OSS」レンズ(税抜き希望小売価格 16万5000円)も注目だ。

 105mmの望遠撮影が可能ながらも、38cmまで寄れる幅広い撮影範囲が特徴。全域でF4という明るさも魅力だ。

 近距離での撮影はもちろんだが、たとえば数キロ離れた場所にある、肉眼では米粒程度にしか見えない看板も、望遠で撮って画像を拡大すると文字まではっきり読み取れる。これ1本あればかなり撮影範囲が広がるだろう。

「α7RIII」+「FE24-105mm F4 G OSS」で撮った写真。結構被写体に寄れる
「α7RIII」+「FE24-105mm F4 G OSS」で撮った写真。結構被写体に寄れる
同じく「α7RIII」+「FE24-105mm F4 G OSS」で撮影。精細感がすごい
同じく「α7RIII」+「FE24-105mm F4 G OSS」で撮影。精細感がすごい

 普段、初代「α7」を使っている筆者は、やはりα9への憧れが大きい。上位機種のα9は位相差AF時で693点の測距点が利用できるが、α7R IIIは399点など、当たり前ではあるが基本スペックではα9が高性能である。

 ただ、撮像素子はα9が有効2420万画素なのに対して、α7RIIIは4240万画素と多い。多ければ高画質というわけではないが、精細感は高くなる。

 今回実機を触ってみて、α7R IIIがかなりうらやましく感じたのはもちろんだが、新レンズのFE24-105mm F4 G OSSについては猛烈に欲しくなってしまった。

 

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART