このページの本文へ

マイクロソフト「りんな」の技術:

ポケモン公式LINEにAI導入「ポケモンしりとり」可能に

2017年10月26日 18時00分更新

文● G. Raymond

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ポケモンと日本マイクロソフトは26日、ポケモン公式LINEアカウントへの会話AI導入を発表した。ユーザーはポケモン「ロトム」とAIを通じて会話し、「ポケモンの名前限定しりとり」などが楽しめる。来年1月31日まで。

 AIには、マイクロソフトのAI「りんな」の技術、および研究開発組織Microsoft Researchで開発した技術を活用した。会話への返答はリアルタイムで生成している。ポケモンに関する会話には、インターネット上のデータ、800種類以上のポケモン公式図鑑データ、ユーザー間のオンラインバトルデータを活用する。

 会話を進めると、ロトムがユーザーの会話力を診断したり、ゲームの舞台「アローラ地方」のポケモンを紹介する。ロトムと仲良くなると、ゲーム「ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン」で使えるプレゼントも受け取れる。

ロトムとの会話イメージ
ポケモン能力診断
アローラ地方の友達紹介

カテゴリートップへ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART