このページの本文へ

問題の端末をピンポイント特定

エキスパートチームがネットワークを保護 ネットワンMDRサービス

2017年10月26日 17時00分更新

文● 天野透/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ネットワンシステムズは10月25日、マルウェア感染端末からの情報流出を防ぐセキュリティー監視・運用サービス「MDR(Managed Detection and Response)サービス」を発表した。リリース予定は12月としている。

 同社運営の専属セキュリティーオペレーションセンター(NetOne-SOC)が24時間体制でネットワークを監視。不審な挙動を検知した際にはLAN内のログを相関分析して感染範囲を調査。同時に感染端末をピンポイント特定してネットワークから隔離し、情報流出のリスク低減をはかる。

 また通常運用時にも、業務システムと利用端末の関係性や、ファイアウォールルールの整合性可視化を実施。NetOne-SOCによるリスク分析と経路の最適化を継続的に通知して、リスクを低減するとしている。

 価格はマルウェア感染端末の検知・特定・隔離が月額69万1200円から、情報漏えい防止アクセス制御が月額47万5200円から。

カテゴリートップへ

ピックアップ