このページの本文へ

ノンプログラマーがJavaScriptを初めて学ぶときにありがちな9つの失敗

2017年10月25日 19時10分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

Webデザイナーにとってもっとも身近なプログラミング言語といえばJavaScriptですよね。ところがいざ勉強を始めたものの挫折してしまった…という人のために、典型的な失敗例と学習のコツを教えます。

JavaScriptの学習をしても挫折する人の多くは、「JavaScriptは分かりにくい」「自分はWeb開発に向いていない」と言います。悲観的になってあきらないでください。アプローチの仕方を変えることが大切です。

この記事では、多くの人が学習中に経験する失敗の対処法を取り上げます。JavaScriptだけではなく、Web開発全体に当てはまる内容なのでぜひ活用してください。

失敗その1:始める前にあれこれ調べすぎる

JavaScriptの学習を始める前に、たくさんのことを調べたくなるかもしれません。ちょっと調べるだけでJavaScriptがどれだけすばらしいものか、逆にいかに悪いものかといった情報が見つかりますし、必要不可欠だというフレームワークも見つかります。「本物の開発者」になるためのJavaScriptの書き方もあるでしょう。情報の信頼性はさておき、あれこれ悩んで半年、一年もの時間を無駄にしてはいけません。

この記事をWPJのサイトで読む

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く