このページの本文へ

教育向けモデルはスタイラス機能を強化

富士通、USB Type-C搭載の法人向けARROWS Tab 2機種

2017年10月24日 18時10分更新

文● 天野透/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 富士通は10月24日、法人向け10.1型Windowsタブレット2モデルを発売した。教育現場向け「ARROWS Tab Q508/SE」と、企業向け「ARROWS Tab Q508/SB」で、いずれも提供開始は2018年1月下旬から、価格は9万2124円から。

 教育現場向けモデルのQ508/SEは、ペン操作から画面に反映するまでの時間を短縮したほか、ペン先と実際に線が表示される視差を削減し、鉛筆と紙の書き心地を追求。そのほか端末診断ツールの提供などでスムーズな授業運営をサポートするという。企業向けモデルのQ508/SBは、カスタムメイドでタッチ式指紋センサーの搭載が可能。

 いずれのモデルも従来機より本体を約5%軽量化し、画面輝度を約35%向上。表面フィルムの改善などをはかった。本体にはUSB Type-Cポートを搭載し、変換アダプターを介した映像出力も可能。Wakeup On LAN対応の有線LANコネクター搭載軽量スリムキーボードをオプションで選択可能。

カテゴリートップへ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
富士通
【300*80】 ascii 富士通 WEB MART 個人

製品ラインアップ

ノートブックパソコン/タブレット

  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK UH
  • 富士通
  • 富士通 arrows Tab RH
  • 富士通 arrows Tab QH

デスクトップパソコン

  • 富士通
  • 富士通

その他の注目商品

  • 富士通
  • 富士通