このページの本文へ

ズバッと解決! Windows 10探偵団第332回

2018年春の公開予定

2018年春の大型アップデートに向けてWindows 10 IPは動き出している

2017年10月25日 09時00分更新

文● 柳谷智宣 イラスト●てりィS Factory 編集●E島/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Windows 10の最新情報を常にウォッチしている探偵・ヤナギヤが、Windows 10にまつわるギモンに答える本連載。

 基本技から裏技・神技、最新ビルドのInsider Previewの情報まで、ドド~ンと紹介します。

Windows 10 Insider Previewの最新ビルドは「17017」

監視報告
2018年春の大型Windows 10アップデートに向けて動き出している

 2017年10月17日にWindows 10 Fall Creators Updateがリリースされたが、2017年7月にはすでにその次のアップデートに向けたInsider Previewが公開されている。次の大型アップデートは、コードネーム「Redstone 4(RS4)」と呼ばれ、2018年春の公開が予定されている。

 最新ビルドは、Windows 10 Insider Preview ビルド17017で、10月17日にリリースされた。まだそれほど大きな動きがあるわけではないが、2点新機能が追加されている。

これまではスタートアップアプリはタスクマネージャーから確認していた
「設定」に「Startup」タブが追加された

 「設定」の「アプリ」に「Startup」という項目が追加されたのだ。「スタートアップ」とはWindows 10の起動時に自動的に読み込まれるアプリのこと。プリンターやクラウドストレージなどの常駐アプリなど、いくつも登録されることもある。

 ただし、あまりにもたくさんスタートアップに登録されるとWindows 10の起動が遅くなる。不要なアプリは起動しないようにすると、起動速度を改善できるのだ。従来、スタートアップの一覧はタスクマネージャーから表示していたのだが、これが「設定」の中から確認したりオンオフできるようになったのだ。これは地味に便利なので、ウェルカムな改善ポイントといえる。

アメリカ英語圏内では「Cortana Collections」が利用できるようになっている
本の購入画面を開いたら、自動的にコレクションに追加するかどうかを聞いてくる

 もうひとつが、「Cortana Collections」。ユーザーが興味を持っている買い物やレシピ、書籍、映画などを集めて提示してくれる機能だ。クエストも公開されているのだが、残念ながらEN-USのInsider向けとなる。また、ユーザーに推奨されるアクションは、コルタナとアクションセンターの両方に表示されているが、混乱するというフィードバックがあったそう。そこで、基本的にはアクションセンターに集中させるとのことだ。

これでズバッと解決!

 次期大型アップデートRedstone 4に向けたInsider Previewがリリースされている。最新はWindows 10 Insider Preview ビルド17017。「アプリ」の設定に「Startup」タブが追加されている。


 Windows 10探偵団は毎週、月・水・日に更新します。お楽しみに!


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン