このページの本文へ

製版印刷からインクジェット印刷へ、書籍出版のかたちが大きく変化しようとしている

HP、オンデマンド出版大手Lightning Sourceと過去最大規模の契約を締結

2017年10月19日 15時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「HP PageWide Web Press T240 HD」

 日本HPは10月19日、米HPが米の出版社Lightning Sourceと契約を結んだと発表した。HPのグラフィックス事業にとって過去最大規模の契約となる。

 Lightning Sourceは米国のコンテンツ提供サービスIngram Contentグループ傘下にある企業で、電子書籍をオンデマンド印刷して書籍化するサービスを行なっている。両社の契約により、2024年まで「HP PageWide Web Press」を優先的なインクジェット・デジタル輪転印刷機として選定し、24台の「HP PageWide Web Press T240 HD」とサービス、消耗品を発注する。

 HP PageWide Web Press T240 HDはカラー/モノクロ印刷物をコート紙に最大152m/分の速度でプリントアウト可能。同社では今回の契約をはじめとして、書籍出版の物流や販売モデルに変革をもたらすものとしている。

カテゴリートップへ