このページの本文へ

スマホの不具合特定に使える電圧・電流チェッカー

2017年10月19日 13時45分更新

文● ラッキー橋本/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ドスパラは10月19日、上海問屋からUSB Type-C端子搭載のQC 3.0対応「USB電圧・電流チェッカー」を発売した。価格は2199円。

 電気提供側と充電したい機器の間に製品を接続するだけで、電圧と電流を簡単に測定できる。スマホやタブレット、MacBook、2 in 1パソコンなどUSB Type-Cを搭載した機器の測定も可能。

 充電器の電圧・電流が仕様どおりに流れているかの性能チェックや、充電ができていない場合の不具合の原因特定に便利だとしている。

 インターフェースは、USB Type-AとUSB Type-C、microUSB(別途microUSBケーブルが必要)の3ポート。また、電圧と電流の測定に加え、積算値なども確認できる。

 本体サイズはさ幅62×奥行き68×高さ11mmで、重量はおよそ18g。測定範囲は電圧が3.6〜32.5Vで、電流が0〜5A。

■関連サイト

カテゴリートップへ

関連サイト
ラインナップ
コンテンツ