このページの本文へ

GMO、本人確認を早く処理するブロックチェーンソース公開

2017年10月18日 18時00分更新

文● ラッキー橋本/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 GMOインターネットは10月18日、ブロックチェーンを利用したプログラムをオープンソースとして公開する「GMOブロックチェーンOSS(GMOブロックチェーン オープンソース提供プロジェクト)」の第5弾として、「KYC(Know Your Customer)」を公開した。

 KYCとは、新規に口座開設する際に銀行側から要求される、顧客本人の身元確認における書類手続きの総称。ブロックチェーンは、データを複数のコンピューターに分散して記録・保持する技術で「改ざん」「データ消失」「停止」が発生しにくいという特徴を持っている。

 今回公開されたプログラムは、前述の手続きをブロックチェーン上で実現し、本人確認にかかる人的・金銭的コストの削減が実現できるものだという。

 公開されたプログラムはブロックチェーンの特徴を活かし、身元認証済みの個人情報をブロックチェーンアドレスと紐づけて記録することで、サービス登録時の本人確認を素早く簡単に処理できる仕組みとなっている。

 現在GMOブロックチェーンOSSではこの仕組みの実用化に向けて、GMOグローバルサインと共同で認証事業者向けのスマートフォンアプリの開発および実証実験の準備を進めている。

カテゴリートップへ

新生avenu jam開設に寄せて

「avenue jam」特別対談