このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Mate 10 Proに関しては日本でも発売予定

日本発売も決定 期待の大画面スマホMate 10/10 Proとポルシェコラボモデルを実機レビュー

2017年10月17日 17時30分更新

文● 山根康宏 編集●ゆうこば

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Mate10 Pro

 ファーウェイは10月16日、ドイツ・ミュンヘンで新製品発表会を開催しました。今回発表されたのは大型ディスプレーを搭載するMateシリーズの最新モデル、「HUAWEI Mate 10」など3機種です。

ミュンヘンで開催されたMate 10シリーズの新製品発表会

 5.9型ディスプレーに狭額ベゼルを採用した「Mate 10」、アスペクト比18対9のワイドディスプレーを搭載した「Mate 10 Pro」。そして、ポルシェデザインとコラボした「Mate 10 Porsche Design」の実機をさっそく発表会会場で触ってみました。

Mate 10とMate10 Proはどちらも4色展開

縦長ディスプレー搭載で世界初のDSDVスマホになる「Mate 10 Pro」

 Mate 10 Proのディスプレーは1080×2160ドット。本体サイズは74.5×154.2×7.9mmと、横幅はかなり狭くなっています。縦に長いためアプリウィンドウを2つ出してもどちらも快適な操作が可能です。

 縦方向が長いものの、片手での操作も悪くありません。本体の背面側は角が取れたエッジデザインのため、より握りやすくなっています。

6型18対9ディスプレー搭載のMate 10 Pro

 背面にはカメラが2つ縦に並びます。Mate 9もそうでしたが、横に並ぶPシリーズとのデザインの差別化がまさにここ。そのカメラの下には指紋認証センサーを配置。この位置により指先が誤ってカメラレンズに触れてしまうこともなく、また本体を握ると自然に人差し指を当てられます。

 スリムボディーの製品はこの位置に指紋認証センサーがあるとよいかもしれません。なお、背面はガラスで光沢感のある高級な仕上げとなっています。

背面のデザイン。両サイドは角を取って握りやすくしている

 本体上部はヘッドフォン端子が廃止されました。製品パッケージにはUSB Type-Cと3.5mmヘッドフォン端子の変換コネクターが付属します。

 また、本体下部はオーソドックスにスピーカーとUSB Type-C端子が並びます。本体のサイドは左にSIMスロット、右に電源とボリュームボタン。SIMスロットはDSDSモデルもあります。

 Mate 10 Proの発売国には日本が含まれましたが、過去モデルの導入事例を考えるとDSDS版となるでしょう。また、Mate 10シリーズは世界初のDSDV(Dual SIM Dual VoLTE)対応とのことで、日本でもDSDVとして使えるかが気になります。

本体上部はヘッドフォン端子がなくなった本体下部のデザインは一般的。背面側の角が取れたデザインだ
本体左にはSIMスロット。日本向けは少なくともDSDSになると思われる本体左のボリュームボタンと電源ボタン

 Mate 10 Proの本体カラーは、Midnight Blue、Titanium Gray、Mocha Brown、Pink Goldの4色。販売国により投入される色は異なるとのことです。

 一方、Mate 10はMocha Brown、Black、Champagne Gold、Pink Goldで、Mocha BrownとPink Goldが両モデルの共通カラーとなります。

 どちらのモデルもカメラ周りの仕上げを背面全体と若干変え、よく見ると同じ色ながらもツートンカラーのように、カメラ周りにラインが入ったようなデザインです。

Mate 10 ProのMidnight Blueカメラ周りの仕上げを変えて、ツートンカラーのようにしている

前へ 1 2 次へ