このページの本文へ

デイジーチェーン接続も可能な高機能なWi-Fiサテライト

ネットギア、トライバンド対応Wi-Fiシステム「Orbi」増設用サテライトを発売

2017年10月17日 16時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Orbi(オービ)」増設サテライト

 ネットギアジャパンは10月17日、同社のトライバンド・ホームWi-Fiシステム「Orbi(オービ)」の増設用サテライト「RBS50-100JPS」を発表。10月31日に発売する。

 Orbiとサテライトのリンクは従来のWi-Fi中継器とは異なり、ルーターとサテライトのSSIDが同じなのでサテライト側のWi-Fiエリアに入れば接続は引き継がれ、端末側が接続先の切り替えなしに通信を継続。Orbiとサテライトの間の電波は端末と異なるため、接続する端末が増えても中継速度が低下しないという。さらに新ファームウェアを用いることで、デイジーチェーン式に増設可能。

ルーターとサテライトが同一のSSIDを使用、中継用電波も端末接続用とは異なる

 RBS50-100JPSは2.4GHz/5GHzに対応するほかビームフォーミングやMU-MIMOなどの機能を持ち、有線LANポート×4を装備する。サイズはおよそ幅170.3×奥行き78.9×高さ225.8mm、重量およそ890.5g。価格は2万6800円。

複数台のサテライトでデイジーチェーン可能

 なお、10月30日まではAmazon.co.jpにて先行予約が可能で、予約期間中は販売価格から5%割引するクーポンが利用できる。

カテゴリートップへ