このページの本文へ

PHPでも機械学習を試してみたい人のための「PHP-ML」の使い方

2017年10月13日 21時16分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

チャットやアンケートなどの「感情」を分析する機械学習をなじみのあるPHPで実装する方法を紹介します。

最近、機械学習の話が増えています。ソーシャルメディアのフィードにはML、Python、TensorFlow、Spark、Scala、Goなどに関する記事が溢れています。その中で、PHPはどうかと思う人もいるのではないでしょうか。

PHPでの機械学習はどんな感じなのでしょうか。幸い、次のプロジェクトで利用できる汎用的な機械学習ライブラリーを実際に作った人がいます。本記事では、PHP用機械学習ライブラリー「PHP-ML」を紹介し、チャットやツイートのボットに利用できる感情分析クラスを作成します。具体的には以下の説明をします。

  • 機械学習と感情分析の一般的な概念を説明する
  • PHP-MLができることや、PHP_MLの短所を概説する
  • 解決したい問題を定義する
  • PHPで機械学習を用いることが、決して無謀なゴールではないことを証明する(オプション)

A robot elephpant

この記事をWPJのサイトで読む

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く