このページの本文へ

国内メーカーの安心感+海外メーカー製以上のスペック シャープの新ミドル機「AQUOS sense」

2017年10月13日 19時00分更新

文● オカモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 シャープの発表会では、超狭額縁のコンパクトプレミアム機「AQUOS R compact」とともに新ミドルクラス機「AQUOS sense」も紹介された。AQUOS senseはすでにauから製品がリリースされているが、今夏登場のハイエンド機「AQUOS R」と同様に、シャープによる統一されたブランドで発売される端末となるとされる。

AQUOSシリーズの新ミドル機「AQUOS sense」

やや物足りない感があった国内メーカー製のミドルクラス機
AQUOS senseはフルHDのIGZO液晶で抜かりなし

 ミドルクラスのスマホは、実用上で十分以上の性能を持つようになったことに加え、各キャリアの格安SIM対抗の施策もあり、キャリア端末の中においても重要視されるようになっている。シャープや富士通、京セラといった国内メーカーはこのジャンルに積極的に製品をリリースしている。

 これらのスマホは、国内メーカーならではの機能(防水やおサイフケータイ対応など)や丁寧な作りには定評があるものの、一方でスペック面(ディスプレー、CPU、メモリー、指紋センサーの有無など)では、同価格帯の海外メーカー製SIMフリースマホなどと比較して、やや見劣りしていたのも事実だった。

シンプルながら清潔感のある外観
前面の上下はラメ入り。やや分厚い筐体だが持ちやすさは○

 AQUOS senseは、スペックという部分でもそれらのスマホに対抗、さらに上回る内容を持つ端末だ。ディスプレーはフルHD解像度の5.1型IGZO液晶で、高精細で明るい表示はもちろん、ノイズの少ないIGZOパネルの特徴を活かして、画面や指が濡れた状態でも誤動作が少ないという。

発表会会場では濡れた状態でも問題なく操作できる点をアピール。またケースが選びにくいユーザーの声に応えるべく、サードパーティーとの協力でAQUOSブランド認定アクセサリーの展開もしていく

 その他のスペックもオクタコアのSnapdragon 430(1.4GHz+1.1GHz)、3GMメモリー、32GBストレージ、指紋センサーなどを搭載。AQUOS Rと同様に、発売から2年間(最大2回)のOSアップデートも保証されている。

 実際の製品はプレミアム性を感じさせるような作りではないものの、丸みを帯びたボディーは持ちやすく実用的。ディスプレーやメモリーのスペックが上がったこともあって、スムーズで美しい表示でスマホを利用できる。幅広いユーザー層にオススメしやすい1台だ。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

女子モテ☆ハロウィンPC自作に挑戦in大阪

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART