このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ”第530回

ニコンのフラッグシップ一眼「D850」で撮る猫は一味違う

2017年10月16日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
とある墓地にて。見事なオッドアイ猫を見つけたのでちょっと遠くから撮ってぐぐっとトリミング(2017年9月 ニコン D850)
とある墓地にて。見事なオッドアイ猫を見つけたのでちょっと遠くから撮ってぐぐっとトリミング(2017年9月 ニコン D850)

 ニコンが「D850」というハイエンドなデジタル一眼レフを出したのである。仕事がら記事を書くのに使わせてもらったのだが、ボディーだけで40万円する35mmフルサイズのカメラはやはりすごい。

 猫を撮るにはちょっと重すぎるのだけど、ディテールの描写とか階調の柔らかさとか、そんな基本画質がしっかりしてるので、多少感度を上げて撮ろうが、こうしてウェブや紙面で使うときに多少トリミングしようがビクともしないのである。

 そんなわけで、冒頭写真はたまたま歩いてて見つけたシロネコ。あまりに見事なオッドアイだったのじーっと見つめ合って撮ってしまった。

 左目の青があまりに見事だったので、顔がよくわかるようにトリミング。

 基本画質がしっかりしてるので、強めにレタッチをかけても耐えてくれるのもいいところ。

 よく晴れた昼間、目の前を横切っていったシロネコ。撮影した写真を見てたら、全体に白っぽくオーバー気味に仕上げてみたくなったのである。

白っぽく仕上げてみたかったのでレタッチソフトで全体にぐぐっと持ち上げて調整してみた。爽やかな晴天下っぽい感じに(2017年9月 ニコン D850)
白っぽく仕上げてみたかったのでレタッチソフトで全体にぐぐっと持ち上げて調整してみた。爽やかな晴天下っぽい感じに(2017年9月 ニコン D850)

 さて夏が終わると、猫の季節である。昼間もそう暑くないので日陰の奥に引きこもる必要もない。人の目に付くところで平気で昼寝してたりする。

最初は普通に撮ってたんだけど、正面から見た顔があまりに気持ちよさそうだったので、こちらも人目も気にせず這いつくばって真正面から狙ってみた。秋です(2017年9月 ニコン D850)
最初は普通に撮ってたんだけど、正面から見た顔があまりに気持ちよさそうだったので、こちらも人目も気にせず這いつくばって真正面から狙ってみた。秋です(2017年9月 ニコン D850)

 芝生だか雑草だかわからない小さな住宅街の公園の、わずかなコンクリートのところでへちゃ。

 コンクリートのざらつきが気持ちいいらしい。こういうときはすごく慎重になる。猫の眠りは浅いのでちょっとでも気配を出すと起きちゃうからだ。無理に近づかず、そーっと撮る。

 もちろん這いつくばって、モニターをチルトさせて地面すれすれにおいて正面から。

 このあと、もうちょっと近づいて撮りたいなと思った途端に起きちゃいました。ありがち。

 お次はとある川の河原で猫2匹。

猫は草が好き。よく見てるとときどきこうして雑草を食べている姿に出くわす。で、長細い草をうまくくわえられなくて悪戦苦闘してる姿もまたよし(2017年9月 ニコン D850)
猫は草が好き。よく見てるとときどきこうして雑草を食べている姿に出くわす。で、長細い草をうまくくわえられなくて悪戦苦闘してる姿もまたよし(2017年9月 ニコン D850)

 1匹は奥で寝てる。真夏だと日陰で風通しがいい草むらの中に入って昼寝するから見つけられないのだけど、秋になるとちょっとずつ見えるところに出てきてくれるのである。

 その右手前で、ミケがひたすら草を食んでたのでそちらにフォーカス。

 長細い草を苦労して食んでいる姿がいい。

猫写真……というよりは蝶写真なのであった。もちろん猫は気づいてない(2017年9月 ニコン D850)
猫写真……というよりは蝶写真なのであった。もちろん猫は気づいてない(2017年9月 ニコン D850)

 お次は別の昼寝猫。あまりに無防備に寝てるもんだから、蝶が止まってた。いやそこにとまっても、蜜は吸えないと思うよ。実は猫の血を吸いに来たとか……いやそんなおそろしいことは考えないようにしよう。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART