このページの本文へ

iPhone X発売前にゲットしたいベルキンのワイヤレス充電器

2017年10月12日 15時35分更新

文● 南田ゴウ/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ベルキンのワイヤレス充電器

 ベルキンが10月12日に都内で開催した事業戦略説明会には、ベルキンインターナショナルCEOのチェット・ピプキン氏が登壇。同社のブランドストーリーを紹介した。ベルキンはスマートフォン関連デバイスのほかホームオートメーション機器「Wemo」や家庭での水の使用状況を視覚化できる「phyn」など、さまざまなブランドを展開している。

ベルキンインターナショナルCEOのチェット・ピプキン氏
iPhone 8シリーズとiPhone X専用の「Boost↑Upワイヤレス充電パッド」(左)と汎用ワイヤレス充電器「Boost↑Up Qiワイヤレス充電パッド(5W)」

 「Boost↑Upワイヤレス充電パッド」はiPhone 8/iPhone 8 Plus/Phone X専用のQi対応ワイヤレス充電パッド。iPhoneに最大7.5Wのワイヤレス給電でき、厚さ3mmまでのケースを装着したまま充電が可能。さらに充電器にデバイスが正しく接続された状態でデバイスが損傷した場合、ベルキンが修理または交換する限定接続機器保証(最高2500ドル)に対応。ユーザー登録すると製品保証期間を3年に延長できる。実売価格は7500円前後。

「Boost↑Upワイヤレス充電パッド」はACアダプターが付属

 ベルキンインターナショナル ゼネラルマネージャー兼副社長のスティーブン・マロニー氏は「我々はユーザーが何を欲しがっているかを探して製品を開発している」と語り、ワイヤレス充電パッド「Boost↑Upワイヤレス充電パッド」など製品の開発環境を示しつつ、製品の品質の高さを強調した。

ベルキンインターナショナル ゼネラルマネージャー兼副社長のスティーブン・マロニー氏
「Boost↑Up Qiワイヤレス充電パッド(5W)」はUSBケーブルを接続して利用

 「Boost↑Up Qiワイヤレス充電パッド(5W)」はiPhone 8シリーズとiPhone Xのほか、サムスンのGalaxyシリーズやGoogleのNexusシリーズで利用できるワイヤレス充電器。こちらも厚さ3mmまでのケースを装着したまま充電が可能だ。実売価格は3500円前後。

ベルキンジャパン ナショナルセールスマネージャーの石井 靖人氏

 続いて登壇したベルキンジャパン ナショナルセールスマネージャーの石井 靖人氏が今年度の事業戦略を解説した。石井氏は「ワイヤレス充電でリーディングカンパニーをめざす」と語り、ワイヤレス充電関連機器に加えてUSB PDに対応するUSB Type-C関連デバイスの開発に注力していく考えを示した。合わせてスマートフォンのディスプレー保護ソリューション「Trueclear Pro」が第二世代に進化し、現在60店舗で利用できる同環境を年度末までに200店舗まで拡大したいとコメント。

Lightning経由で充電しながら汎用イヤフォンで音楽が楽しめるアダプター「3.5 mm Audio + Charge RockStar」

 「3.5 mm Audio + Charge RockStar」はMFi認証と取得した二股Lightningアダプター。iPhoneのパススルー充電をサポートし、Lightning経由で充電やデータの同期を行ないながら、汎用の3.5mmイヤフォンジャック対応デバイスで音楽を聴くことが可能。さらにヘッドセットのマイク入力やリモコン操作にも対応する。iPhone X/iPhone 8 Plus/iPhone 8/iPhone 7 Plus/iPhone 7対応でMacBookからの音楽や画像の転送や同期もサポート。実売価格は4300円前後。

「Trueclear Pro」は取扱店舗を200まで拡大予定USB Type-C関連ソリューションにも注力する

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中