このページの本文へ

ビジネスで使える英語を身につける「英語 HACK」第6回

赤ちゃんが母語を身につけるのと同じように

話題の「英語を聞き流すだけ」学習は第二言語習得研究的にはアリ? ナシ?

2017年11月06日 08時00分更新

文● 田畑翔子/ENGLISH COMPANY 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

英語学習に長けたベンチャー発の英会話ジム・ENGLISH COMPANYのトレーナーが、スキル向上のためのノウハウや学習のための豆知識をリレー形式でお届けします!

母語習得と第二言語習得ではメカニズムが異なる

Q.英語を聞き流すだけで話せるようになる、なんてことはあるんでしょうか?

A.赤ちゃんは大人が話すのを聞いて母語を身につけるのだから、英語を大量に聞き続ければ英語が話せるようになるのでは、と思う人もいるかもしれません。

 しかし、母語習得と第二言語習得ではメカニズムが異なる、というのが第二言語習得研究における現在の定説です。

 人間の脳は母語を習得する段階で、その処理に最適化した状態になります。日本語の処理に最適化した状態では、よく意味のわからない英語をいくら聞き続けても、それだけで話せるようになるのは難しいでしょう。

 認知能力が発達した大人であれば、語彙や文法、発音などをある程度体系的に身につけながら自然なインプットを増やしていくのが近道になります。

 また、第二言語習得においては「大量のインプットと少量のアウトプット」というバランスも鉄則であると言われています。

 大量に聞いたり読んだりしながらも、自分で英語を考えて話したり書いたりする(アウトプットする)機会を少し入れていくことによって、自分が言えない文法や語彙に気づくことができます。たとえば話していて「関係代名詞がうまく使えないな……」と気づいたとします。この「気づき」があることにより、今度は英語を読んだり聞いたりする(インプットする)際に、関係代名詞が使われている英文に注意が向き、効率よく習得が起こるのです。

 外国語が聞くだけで身につくことはありませんよ!


答えてくれたトレーナー:田畑 翔子
 言語教育情報学修士。米国留学を経て、英語教育について研究。TESOL(英語教育の国際資格)を保持。2010年教育系ベンチャー企業 恵学社に設立時から参加。現在StudyHacker ENGLISH COMPANYの責任者。



■関連サイト

カテゴリートップへ


この連載の記事
注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

IoTイベント(300x100)

電玉バナー(300x100)

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ