このページの本文へ

米国ECサービスの参入拠点に

米Amazon.com出品用の納品代行サービスがスタート

2017年10月12日 10時00分更新

文● 天野透/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 オープンロジは10月11日、米「Amazon.com」に出品する日本のEC事業者向けに、納品代行サービス「米国アマゾンFBA 納品サービス」を提供開始した。料金は1個口につき1050円からで、配送料は別途実費。

 米国オレゴン州の物流倉庫と提携し、米Amazon.comの物流拠点へ納品を代行するもの。購入者からの返品の荷受け地としても利用でき、国内EC事業者がアメリカの倉庫を探す手間がなくなるという。

 また、米国/日本国内で「フルフィルメント by Amazon(FBA)」を提供可能。米Amazon.comの速達納品オプション「Two-Day Shipping」を提供できるほか、販売事業者がFBAを利用することで、在庫管理や配送業務に加え、配送に関する英語でのカスタマーサポートや返品対応も米アマゾンが代行する。

 配送はEMSを通じて日本国内/世界121カ国に対応。データは同社プラットフォーム上で一元管理可能で、EMS配送料金も定価から15%引きの従量課金となる。

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

IoTイベント(300x100)

電玉バナー(300x100)

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ