このページの本文へ

データ量の少ない共通鍵暗号方式で小型安価なICチップにも対応

凸版印刷、IoT機器用セキュリティー技術を提供

2017年10月10日 15時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
サービス提供スキーム

 凸版印刷は10月10日、IoT機器のセキュリティー技術を発表。10月下旬より提供を開始する。

 生活家電や計測機器、農業用センサーなどIoTデバイスの普及が進みつつあるが、IoTデバイスは小型で安価、送受信データ量も少ないことなどから脆弱なセキュリティーになりがちで、データ盗難や改竄、乗っ取りといった危険性がある。凸版印刷では、IoT機器に内蔵するICチップにセキュア情報を書き込んで機器のデータを暗号化するサービスを提供する。

 暗号化と復号に同一の鍵を用いる共通鍵暗号方式を採用し、セキュリティー性の高い専用プラットフォームを用意する。公開鍵暗号方式に比べてデータが小容量で済むことから、従来ネットワーク接続を想定していなかったICチップなどにも比較的容易に導入可能。また、暗号鍵の生成・登録はネットワークを通じて行なえるため、すでに設置済みのIoT機器に対しても導入できるという。凸版印刷では、米Rubicon Labの保有する共通鍵暗号方式を導入、日本における独占販売契約を締結してサービス提供にあたる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

開発者の生の声を聞く『熱量IoT』