このページの本文へ

中堅中小企業向け、個々の従業員の役割や知識レベルに応じた受講も可能

エディフィスト、eラーニング受け放題「定額制 Web BIZ SCHOOL」

2017年10月10日 10時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)グループで人材育成/研修支援サービスを提供するエディフィストラーニングは10月10日、新しいeラーニングサービス「定額制 Web BIZ SCHOOL」を発表した。中堅中小企業を主なターゲットとしており、幅広いeラーニング講座を“6カ月間定額受け放題”で利用できる点が特徴。11月1日より提供開始。

「定額制 Web BIZ SCHOOL」のeラーニング画面イメージ

 エディフィストラーニングは、野村総合研究所(NRI)の教育専門会社として1997年に設立され、2009年にキヤノンMJグループに入った(キヤノンITソリューションズの100%子会社)。顧客企業の人材育成に対し、コンサルティング、アセスメント、研修実施、システム導入など、包括的なサービスを提供している。

 同社では今年(2017年)1月から、中小企業を対象とした集合教育型の「定額制セミナー BIZ SCHOOL」を、東京 八重洲の同社にて提供している。これは、顧客企業が入会金と月会費を支払うことで、全100講座のラインアップから、必要な講座をどれでも受講できるサービスだ。定額制のため、個々の従業員に対し、役職や知識レベルなどに応じて個別の受講を促すこともできる。

 またエディフィストラーニングは元NRI、現キヤノンMJグループであることから、特にITの基礎に関する教育コンテンツに強みを持ち、SIベンダーの新入社員研修などで利用されるケースも多いという。

 新たに発表された定額制 Web BIZ SCHOOLは、この集合教育型BIZ SCHOOLの研修コンテンツをeラーニング型で提供するもの。サービス開始時にはビジネス/営業/マネジメント/ITなどのジャンルでおよそ20種のコンテンツを用意し、その後、顧客ニーズもふまえながら追加していく(現在は80講座を予定)。

定額制 Web BIZ SCHOOLの予定講座一覧(抜粋版)。ビジネス、マネジメント、マネージャー研修のほか、IT基礎に関する豊富な講座をラインアップする

 集合教育型とは異なり、個々の従業員が場所を選ばず、業務の空き時間などに講座を受けられるメリットがある。また初期費用が不要で、受講者1名単位での課金となる(6カ月契約、一括払い)。

定額制 Web BIZ SCHOOLの提供価格。初期費用なし、受講者1名単位(6カ月契約)の料金体系

 また、定額制 Web BIZ SCHOOLはオンラインで受講できるサービスであるため、キヤノンMJの販売/サポート網を生かして全国での展開を進めていく。2019年に売上高2億円の販売を目指すとしている。

カテゴリートップへ

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

ピックアップ