このページの本文へ

福井と木更津を皮切りに拡大する予定

さくらインターネット、高等専門学校向けIT教育支援を開始

2017年10月06日 14時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「さくらのクラウド」

 さくらインターネットは10月5日、高等専門学校向けのIT教育支援の取り組みを開始したと発表した。

 IT人材の発掘が社会の課題となっているなかで、同社では石狩市の全小学校へプログラミング教育出前授業や、電子工作・プログラミング教室の主催などを実施している。今回、新たな教育支援の取り組みとして、IT教育に注力している高等専門学校向けに同社のIaaS型クラウドサービス「さくらのクラウド」、IoTプラットフォームサービス「sakura.io」など、IoTサービス開発のためのインフラを提供する。

 福井工業高等専門学校(福井県)と木更津工業高等専門学校(千葉県)の2校を皮切りに同取り組みを普及させ、各校の授業や研究・開発、さらには、学生の自由な発想のもと、ロボットコンテストへの参加や時代に則した技術の習得の基盤になること期待しているという。

カテゴリートップへ

開発者の生の声を聞く『熱量IoT』