このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

オーテク新製品の目玉は24万円の究極ヘッドフォン! Bluetooth製品も大量投入

2017年10月06日 10時00分更新

文● ハシモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
今回の目玉となるフラッグシップヘッドフォン「ATH-ADX5000」
今回の目玉となるフラッグシップヘッドフォン「ATH-ADX5000」

 オーディオテクニカは10月5日、新製品発表会を開催。ヘッドフォン/イヤフォン製品を一斉に発表した。

24万円の究極ヘッドフォン「ATH-ADX5000」

ハウジング部はハニカム構造の穴が空いているが、マグネシウム成型フレームなどで強度は保たれている
ハウジングの断面モデル。ボイスコイルがハウジングの中間に位置している バッフル一体型のドライバーユニット
ハウジングの断面モデル。ボイスコイルがハウジングの中間に位置しているバッフル一体型のドライバーユニット
リケーブルが可能。バランス接続にも対応する 20万円以上の製品だけにパッケージも豪華だ
リケーブルが可能。バランス接続にも対応する20万円以上の製品だけにパッケージも豪華だ

 11月10日発売予定の「ATH-ADX5000」(予想実売価格 24万円前後)は、同社ヘッドフォンのフラッグシップモデルで、“究極のオープンエア”をうたう製品。硬質樹脂(PPS)を採用したバッフル一体型58mmドライバーを搭載。バッフル一体型とすることで、パーツ点数を抑えつつ、不要な音の歪みを抑制できるという。

 振動板は超硬素材のタングステンでコーティングすることでレスポンスを向上。ハウジング部にはハニカム構造の穴が開いており、強度を保ちつつスムーズな空気の流れを実現している。

 さらに、耳からハウジングまでの空間を半分とし、ボイスコイルがハウジングの中間に来るように設計。ドライバー背面に十分な空間を設けることで自然な音場と抜けのいい音を体感できる。

 製品はすべて国内工場でハンドメイド制作されるとのこと。再生周波数帯域は5~50000Hzでハイレゾ対応。別売のケーブル利用でバランス接続も可能だ。

「MSR7」の限定仕様モデルとして10月20日に発売される「ATH-MSR7SE」。振動板にDLCコーティングが施されているリケーブル用のケーブルもいくつか新製品が登場

 このほかの有線専用ヘッドフォンとしては、「MSR7」の限定仕様モデル「ATH-MSR7SE」が10月20日に発売される(予想実売価格 3万5000円前後)。外観のカラーリングも特徴的だが、振動板にDLC(Diamond-Like Carbon)コーティングが施されるなど、音質も変更されている。

重低音重視のワイヤレスヘッドフォン
「ATH-WS990BT」「ATH-WS660BT」

「ATH-WS990BT」 「ATH-WS990BT」
緑のランプの部分がタッチセンサーになっており、「ヒヤスルー」機能のオン/オフが可能 53mm口径のドライバーを搭載する
緑のランプの部分がタッチセンサーになっており、「ヒヤスルー」機能のオン/オフが可能53mm口径のドライバーを搭載する

 11月10日発売予定の「ATH-WS990BT」(予想実売価格 2万5000円前後)は、ノイズキャンセリング機能搭載のBluetoothヘッドフォン。外音を取り込める「ヒヤスルー」機能を搭載する。

 重低音重視型で、53mm口径のドライバーを採用。有線接続も可能で、その際はハイレゾ音源再生に対応する。

「ATH-WS660BT」 「ATH-WS660BT」

 下位モデルの「ATH-WS660BT」(予想実売価格 1万5000円前後)は、WS990BTと同じく53mmドライバーを搭載するBluetoothヘッドフォン。40時間のロングバッテリーが特徴だ。

 ただし、ノイズキャンセリング機能は非搭載で、有線接続時もハイレゾクオリティーでの再生にはならない。11月10日発売予定だ。

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART